AppleTV4K 2nd 登場!(体験記)

TV
midori
midori

AppleTV4K 2nd。発売日に手に入れました!

お客様
お客様

midoriさんって本当動画とか大好きですよね。今回のAppleTV4K 2ndについても教えて下さい!

この記事を読んでわかること

AppleTV4K 2ndと初代の違い。

AppleTV4Kで出来ること。

今後どのような進化をするかの予想。

Apple TV 4K 2nd

※HDMIケーブルは別売り

2021年5月に発売された最新モデルです。

AppleTVにはAppleTVHDとストレージサイズの違うAppleTV 4Kの32GBと64GBの合計3モデルが現在販売されています。AppleTV HD(第5世代)はAppleTV4K 2ndよりさらに2つ前の型落ちモデルで発売は2015年ですが、今回Siriリモートのみ新型に変更されて再販されました。(今回はHDと4Kの比較は省きます)

価格は2万前後で販売されています。

型番JAN税込
Apple TV 4K (64GB)MXH02JA454999512866623,800
Apple TV 4K (32GB)MXGY2JA454999512865921,800
Apple TV HD (32GB)MHY93JA454999521040817,800
Siriリモート6,500
※HDMIケーブルは別売

今回はAppleTV4K(1st)からの乗り換えです。

映画とかドラマなどを見るのが好き、Macなどで作業をしている際、47インチの4Kディスプレイで4K動画を流しながら作業用BGMを堪能したい。といった用途でAppleTV4KとHomePod mini2台を主目的で使用しています。初代のAppleTV4Kを4年近く使用していて特に大きな不満は何もなく、現役でしたが、AirPodsProの空間オーディオに対応しない(将来的にも初代では対応しそうにない)というところで、買い替えておいてもいいかな?ということで今回買い換えを行いました。

ファーストインプレッション

midori
midori

サイズも見た目も初代と全く一緒。Siriリモート以外は何がどう変わったのか正直わかりません。

初代と2ndは見た目もサイズも端子も全く同じです。ですので、それ単体ではどちらがどちらなのかわかりません。

置き換える直前までTVOSのアップデートも行っていたので、初代と2ndで何が変わったのか?体感レベルでも正直わかりません。

私は、ネットへの接続もWiFiではなく有線接続にしているので、こちらも体感ではわかりません。最近は4K動画も増えてきたので、WiFi6に対応してくれているのは、今後の環境変化に対して好材料です。

2nd1st
サイズ同じ同じ
端子同じ同じ
Siriリモート新型旧型
チップA12A10X
WiFiWiFi6WiFi5

AppleTV4Kで出来ること

  • アプリによる動画視聴やゲーム、音楽、ポッドキャストなどが楽しめる
  • iPhoneやiPad、Macをワイヤレスでミラーリングできる

ネットワークに無線接続・有線LAN接続両方できる

AppleTV本体はWiFi接続・有線LAN接続の両方に対応しています。そのため長時間の視聴でWIFIが不安定だと動画が止まったりしますが、LANケーブルで接続すると安定しやすく長時間視聴にはおすすめです。

オーディオもワイヤレス接続に対応

オーディオ接続もワイヤレスのBluetoothやAirPlayに対応しているので、HomePodやHomePod miniなどもAirplayでつなげられて迫力の映像と音を同時に楽しめる機械です。

なお、HomePodを使えば迫力のDolby Atmos(空間オーディオ)に対応し映画館での鑑賞のようなオーディオ体験もできます。(HomePod miniは非対応)

midori<br>
midori

動画好きにはAppleTV4Kはたまらないデバイスだと思います。

今回の注目点

A10XからA12チップへの変更

AppleTV4K(初代)を動画再生やミラーリンクをメインにした利用方法といった場合、初代モデルでも今の所全く問題のない性能を発揮してくれています。

ですが、Appleは現在Arcadeなどのゲームのサブスクリプションの強化をはかっており、今後ゲームアプリの向上を目指す場合A10Xチップでは心もとない状況になっていました。

また、AirPodsProなどの空間オーディオに対応出来ないのも、チップ性能の低さではないかと噂されていました。

ちなみにA10Xチップが使われていた端末はというと、iPadPro10.5やiPadPro12.9(第2世代)に使用されている。そして、これらのiPadProモデルはAirPodsProの空間オーディオには対応しない。何が原因で対応できないのかはAppleからの公式発表はないので不明である。A10XはiPadPro用として開発されたチップではあるが、同じ年iPhone7用に開発されたA10チップとは別のチップ。ちなみにA10搭載のiPhone7からAirPodsProの空間オーディオに対応している。

A10Xには内蔵メモリーが4G積載されている。そのため空間オーディオへの対応非対応は、メモリー容量とは関係なく、チップやその開発時期などに影響をうけているものと予測できるため、今回のA12チップへのアップグレードに伴い、AppleTV4K(2nd)が今後OSなどのアップデートに伴い、初代には出来なかった機能が追加されてくる可能性が高い。

WiFi5(ac)からWiFi6(ax)への変更

AppleTVには、有線LANポートがついているため、動画好きには有線でのネット接続を推奨していました。というのも、初代ではWiFi5と呼ばれる、acに対応していましたが、このacの特徴として高速無線ではあるが、障害物に弱く距離を飛ばないといったことがありました。

そのため、売り場でもAppleTVを購入したが、無線接続では動画が途切れてしまう。といった話を何度かききました。実際、集合物件住まいの私も、AppleTV4Kを無線接続で利用した場合、ドラマなどを1時間ぐらい見たあたりから再生が度々止まるようになったりしました。

私の場合は、画視聴が主な目的なので、AppleTV4Kは有線LANでネットにつなげています。この状態では、何時間でも動画再生が出来ます。

ただ、すべてのユーザーが有線接続が可能な住宅環境というわけでもないと思われます。

そこで、今回AppleTV4Kに搭載されてきたWiFi6は視聴環境の改善につながる変更と言えます。

WiFi6は、高速かつ同時利用可能で、2.4GHZ帯にも対応しているため、WiFi5やWiFi4では十分な速度でのネット利用が難しかった住宅でも無線環境が改善する可能性が高くなります。

もちろん、それに応じたWiFi6対応無線ルーターへの買い替えは必要にはなりますが、有線接続では難しかったといった家庭には、無線環境での改善が見込めそうな変更になります。

Siriリモートの刷新

左が新型Siriリモート・右が旧型Siriリモート

今回、誰もが感じられる変更点としては、Siriリモートの変更が一番わかりやすい点です。

以前のSiriリモート、私は小ぶりでスタイリッシュなため結構気に入っていたんですが、売り場で接客していても同操作したらいいかわからない?といった意見が結構多かったのは事実です。直感的な操作性ではあったんですけどね。

それが今回、写真の左のようなデザインに変わりました。(デザイン的にはちょっと古めかしくなった気もしましたが)

改良点で良かった点
  • AppleTVとディスプレイのON/OFFが右上の電源ボタンで一発で出来るようになった※1
  • 動画の早送りや巻き戻しなどがスムーズになりました。
  • 地味にミュートボタンがありがたい。
  • 前に戻るボタンが前は「MENU」と表示されていたが、「<」という記号にかわりわかりやすく

※1. これは便利!今までは不便と思っていませんでしたが、つかってみると「なるほどね」といった機能でした。

midori
midori

ということで、デザイン一新の新型Siriリモートは使ってみて便利になっていました!

この新型Siriリモートは別売り販売されていまして、AppleTV HDでも4K(初代)でもリモートの交換で利用出来ます。今持っている旧型のSiriリモートが使いづらいという方は是非どうぞ。

一部のArcade(ゲームアプリ)では古いSiriリモート推奨

AppleTVではゲームを楽しむ機能があります。Siriリモートや汎用のAppleTV対応のゲームコントローラを購入して楽しめるのですが、新型Siriリモートと旧型ではコントローラの性質が違うため、新型Siriリモートでは、現在はプレイしにくいゲームが多い印象です。

今後の注目点

AppleMusicの進化にともなうニーズの向上

appleは2021年6月から(日程は未定)AppleMusicで空間オーディオならびにロスレスオーディオへの対応を行うと発表しています。対応スタート時では、現行のApple製品ではロスレスオーディオの再生が出来ないと言われていますが、AppleTVに他社製のDACなどをHDMI接続で取り付けることで、利用できるようになると言われています。

チップ向上に伴うAirPodsProなどの空間オーディオへの対応

現在AppleTVおよびMacではAirPodsProの空間オーディオを利用する事ができません。これはチップ性能的に出来ないと言われていたのですが、今回新型AppleTV4Kに搭載されてきたA12チップはiPhoneXSやXRに搭載されているチップでこちらは空間オーディオに対応しています。チップの変更で、もしかすると今後AirPodsProなどを利用して、AppleTVも空間オーディオで大画面で映画やドラマが楽しめるようになるかもしれません。

HomePodやHomePod miniとの連動での進化への期待

AppleMusicでロスレスオーディオが今後提供される予定ですが、AirPlayで利用できるHomePodやHomePodminiなどは今後OSのアップデートでロスレスオーディオが再生出来るようになるのではと、予想されています。

そういったOSのアップデートで音質のさらなる向上がされることで、より映像と音楽の楽しみが増えればと期待感が高まります。

midori
midori

今の所、ほぼすべて今後に期待といったところになります。AppleTV4K(1st)をすでに持っている方が急いで購入する必要まではないですが、これから買う。また、古いモデルを使っているという方の場合は、AppleTV4K(2nd)をオススメします。

また、一つ前のモデルも在庫限りですが、在庫を持っている店舗で価格を下げて在庫処分されています。使う用途にあわせて選択肢に入れてみても良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました