iPhone/iPadのベンチマーク [Geekbench] 一覧

iPad
midori
midori

自分の持っているiPhoneやiPadのCPU性能やGPU性能を比較する時、数字で比較してくれるのがベンチマーク。

こちらでは、比較対象として有名なGeekbenchを載せておきます。

2021年9月29日現在

こちらのページの情報は、2021年9月現在の情報を元に整理しております。

Geekbench Score

クロスプラットフォーム※1で動作するベンチマークソフト。

WindowsやMac、Linuxに加え、iOSやAndroidを搭載したモバイル端末でも動作します。

操作がシンプルで、ワンクリックでCPUやGPUなどコンピューターの性能をスコアを測定できるのが特徴です。


※1 クロスプラットフォームとは

クロスプラットフォームとは、WindowsやmacOSなど異なるプラットフォーム上で、同じ仕様のアプリケーションを動作させるプログラムのことをさします。

iPad のベンチマーク一覧

Geekbenchスコアは、同じ機種でも個体によって多少誤差がありますので、目安と捉えてください。また、CPU能力以外にも内蔵メモリーやカメラ、ディスプレイ、リフレッシュレートなどモデル毎に特徴が異なります。

GeekbenchのベンチマークはCPU処理速度に特化した比較数値です。

iPad系、Geekbench スコア
midori
midori

iPadの処理能力の進化は目覚ましいものがあります。最新のiPadProではMacに搭載されているM1チップが搭載されたことにより、パソコンと同等の処理能力になったといえます。

iPhoneのベンチマーク一覧

iPhone13シリーズに関しては発売直後ということもあり、測定母数が少ない為、データにばらつきがあります。iPhone13Pro MaxとiPhone13 miniの数値が同じ位でiPhone13が一番低い結果となっていますが、iPhone13 miniはiPhone13と同等程度の数値で落ち着くものと思われます。

iPhone系、Geekbench スコア

コメント

タイトルとURLをコピーしました