iPhoneやiPad、Macの転送速度について

ガジェット
お客様
お客様

iPadから写真を外付けのUSBとかに移したいんですけど・・。

お客様
お客様

iPhoneからMacに動画を移したいんだけど・・。

お客様
お客様

一眼レフで撮った写真をiPhoneやiPadに移したいんだけど・・何が速いかな?

midori
midori

iCloudとかWifi環境だと時間がかかるから速い方法を知りたいという方もいらっしゃるし、ケーブルでつなげて移すのがいいのか?物理的に外付けのUSBやSSDにデータを移したい・・今回は、データを移す時間、転送速度について紹介しますね。

iPhoneやiPad、Macの転送速度って?

midori
midori

USB2.0とか3。転送速度5Gbpsとか・・

色々ありますが、数字が多いほど短時間でデータが移動できます。

高画質な写真や動画だと、この速度によってかかる時間が相当ちがいます。時たま・・という場合はあまり気にしないかもしれませんが、写真や動画が趣味で・・という方だと、時間は速ければ速いほどいいですよね。

iPhoneやiPadのLightning端子は

iPhoneやiPadのLightning端子のモデルは、データ転送速度がUSB2.0相当の480Mbpsになります。

これってUSB3.0以上が普通になり始めた現代ではかなり遅いと感じるかもしれません。理論上の転送速度は53.248MB/sの約3分の2程度ということなので、データ転送にかかる時間は2GBで1分程度。バックアップとして50GB程度のデータの保存に25分程度かかるということになります。

iPadProやiPadAir4のUSB-C端子は

こちらのiPadProやiPadAir4のUSB-C端子はUSB3.0相当の最大5Gbpsになります。

理論値ではありますが、単純にUSB2.0の10倍速いということになります。ということは、先ほどの50GB程度のデータの保存が2分半ですみます。

転送速度
Lightning480Mbps
iPadPro10.5、iPadPro12.9のLightning5Gbps
iPadPro、iPadAir4のUSB-C5Gbps
MacのUSB-C5Gbps
AirDrop6.9Gbps
MacのThunderbolt 3 (USB-C)40Gbps

Apple製品同士であればAirDropが便利

AppleのAir Dropの転送速度は、5GHz帯のWiFiで最大862.5MB/sec(6.9Gbps)です。

AirDropの仕組みは、まずはBluetoothでペアリングしてから、ファイル転送はWiFiで行っています。つまりBluetoothでファイルを転送しているわけではないのです。Bluetoothで転送していると思うと「?」がつきますよね。そんなに早く転送できない・・ハズ・・と。

5Ghz帯のWiFiは最大6.9Gbpsの速度です。一般的なファイルサイズの単位のB=Byteでは862.5MB/secという高速転送になります。

今回iPhone12やiPhone12Proで高画質なビデオ撮影が可能になりましたが、このビデオの転送もAirDropでの転送のみが圧縮等なしでの転送方法となるようです。

MacのUSB-Cポートは

現在販売されているMacのUSB-CのポートはThunderbolt3でもあります。Thunderbolt3規格のものに対していれば最大40Gbpsになります。USB3.1 Gen2でもあるので、最大10Gbpsで転送を行う事ができます。どの速度になるかは接続するものがどの規格に対応しているかでかわります。

一般的なUSB3.1 Gen2のSSDですと、あくまでも理論値からの単純計算ですが、50GBが1分程度。バックアップを取るにしても、256GBのMacでも5分もかからないでしょう。

ただ、動画ファイルの読み出しや書き出しをバリバリ使いたいという場合だと、ちょっと力不足感があります。そこでThunderbolt3のSSDを使うと、理論値でさらに4倍速くなるわけです。(ただし、Thunderbolt3規格のSSDはまだ種類も少ないし、価格が高いです。ですが、バックアップやMacのストレージが小さいという場合には、価格以上に利便性が高くなります。)

また、こちらも高いのですがThunderbolt3規格のカードリーダーもあります。一眼レフカメラなどが趣味でそのデータを高速でMacに移したいという方にはおすすめです。

まとめ

iPhoneでも映画撮影なみの動画が撮れるようになり、撮影した動画をどう移すか・・というのが気になる方が増えてくるかと思います。

そこで知っておいてもらいたいのが、Lightning端子は今の時代では、データ転送が遅いということです。

なので、データなどを他のデバイスに移したりするような使い方がしたい方には、タブレットならiPadAir4やiPadProのようなType-C端子のあるモデル。Macの場合でもThunderbolt3搭載のモデルをおすすめします。

そして、iPhoneの中にあるデータはそういった端子のある端末にAirDropで転送すると速いのです。

また、販売されている外付けSSDとかHDDなどを使う場合、もちろん今さらHDDという方は少ないと思いますが、SSDでもおすすめはThunderbolt3規格のものを今から買うならおすすめです。

めったにしない、とりあえずのバックアップ目的で、転送速度が遅いけど時間はいくらかかってもいいというのであれば可能ですけど、内蔵で足りない部分を補って作業がしたいということであれば、Thunderbolt3の規格で探してみてください。

midori
midori

2020年11月M1搭載Macが発売されましたが、こちらのType-CもThunderbolt3規格のものを使うのがベストのようです。

<速度に対する資料>

MacのUSB仕様転送速度電力
USB 2.0最大 480 Mbps最大 500 mA (5V)
USB 3.1 Gen 1
別称 USB 3.2 Gen 1 または USB 3
最大 5 Gbps最大 900 mA (5V)
USB 3.1 Gen 2
別称 USB 3.2 Gen 2
最大 10 Gbps最大 15W (5V)
Apple公式サイト参照
USB規格転送速度給電容量コネクタ形状
USB2.0480Mbps2.5WType-A/Type-B
USB3.05Gbps4.5WType-A/Type-B
USB3.1(Gen1)5Gbps100WType-A/Type-B/Type-C
USB3.1(Gen2)10Gbps100WType-A/Type-B/Type-C
USB3.220Gbps100WType-C
USB4(Gen3)20Gbps定めなしType-C
USB4(Gen3×2)40Gbps定めなしType-C
転送速度は全て最大値(理論値)

コメント

タイトルとURLをコピーしました