macOS Montereyのついて。新機能など。(WWDC21)

Mac
midori
midori

2021.6.8から開催されたWWDC21で発表された、今年秋に登場するMac用の新OS、Montereyについて、発表会とAppleからの公式資料を基に整理してみました。

参考にしてください。

macOS Monterey 製品概要

macOS Monterey(モントレー)には、大切な人との距離を縮め、いろいろな作業を流れるように速くこなし、すべてのデバイスでシームレスに作業できるように設計されたパワフルな機能が搭載されています。

FaceTimeのSharePlayやメッセージの「あなたと共有」により、友達や家族とつながることができます。作業に集中できる「集中モード」、アイデアを記録して整理できる「クイックメモ」などのツールと、ネットサーフィンを簡単に楽しんだりタブを整理したり出来る差設計されたSafariで、生産性がさらに向上します。

「ユニバーサルコントロール」と「MacにAirPlay」により、デバイス間でさらに流れるように作業できます。さらに、iCloud+のサブスクリプションを通じて、新しいプレミアム機能と、すべてのファイルや写真などを保存できるストレージを利用できるようになります。

midori
midori

新しいmacOSはよりiPhoneやiPadなどとの連携がスムーズになります。そこに力を入れたOSだといえるでしょう。

おおよそ2015年から2016年以降のMacで利用できるようです。

一部連携機能はM1チップ搭載のMacから可能になります。

Monterey対応機種

MacBook(Early 2016以降)Mac mini(Late 2014以降)
MacBookAir(Early 2015以降)iMac(Late 2015以降)
MacBookPro(Early 2015以降)iMacPro(2017以降)
MacPro(Late2013以降)

パブリックベータ版は7月から。無料のソフトウェア・アップデートは2021年秋に提供

新機能について

FaceTime

「ポートレートモード」※1や「声を分離」などのビデオやオーディオの拡張機能により、通話中の画面写りや声が更に自然で明瞭になります。どこにでも共有できるリンクを使って、友達をFaceTime通話に招待できます。AndroidやWindowsデバイスのブラウザからでもFaceTime通話にはじめて参加できるようになりました。これで、大切な人を全員招待できるようになります。※2

※1、M1チップ搭載のMacモデルで利用できます。

※2、Apple製以外のデバイスをお使いのユーザーは最新バージョンのChromeまたはEdgeを使って参加できます。ビデオの送信にはH.264ビデオエンコードに対応している必要があります。

正式名称「H.264/MPEG-4 AVC」(動画コーデック)。2003年に国際規格となり、圧縮率は、MPEG2の2倍になります。

H.264は、世界中で使用されており、PCブラウザ、スマホ、Webなど、H.264で圧縮されたデータは、様々なところで見ることが可能です。

YouTubeやニコニコ動画などでも設定されており、もっとも汎用性の高い方式です。

現在ではもっと圧縮率の高いものも利用されてきていますが、H.264はもっとも一般的なビデオエンコードといえます。

SharePlay

すばらしいMacのディスプレイで映画や番組を一緒に観るのも簡単にできるようになります。

画面を共有したり、アプリケーションのウィンドウだけを共有することもできるので、プロジェクトの共同作業も簡単です。

FaceTime上で、新しい方法で友達と共有したり、つながったりすることができます。一緒にAppleMusicで音楽を聴いたり、テレビ番組や映画を完全に同期した状態でストリーミングすることができます。

メッセージ

「あなたと共有」では、メッセージで友達が共有した写真やビデオ、記事などが、対応すりMacアプリに表示されるので、都合の良いときにより簡単にみつけて楽しむことができます。メッセージでは、写真もスタックとして表示され、スワイプして簡単に観ることが可能です。

Safari

Safariのデザインがまったく新しくなり、より自然で整理されたブラウズ体験ができます。タブバーが一つにまとめられ、サイトを閲覧するスペースが広がります。開いているタブを保存しておけば、後から「タブグループ」を使ってアクセスすることが可能です。また、新しいタブバー、拡張機能、スタートページは、Mac、iPhone、iPadで利用できるので、すべてのデバイスで同じ用にパーソナルな体験が得られます。

集中モード

「集中モード」を選択すると、仕事や読書など、現在の作業に基づいてMacが通知をフィルタリングするので、作業に集中することができます。メッセージや他社製のコミュニケーションアプリでステータスを表示し、集中モードを使っているときに、自分オン状況を他の人達に知らせることが出来ます。また、新しいコントロールを使って、アプリや会話からの通知をミュートにすることも出来ます。

クイックメモとメモ

「クイックメモ」を使えば、どのアプリやウェブサイトでもメモを取ることが出来、後から簡単に考えやアイデアを見直すことができましう。メモにタグをつけて分類することも出来ます。また、共有メモでは、「名前の言及」でメンバーを追加して通知したり、すべての人が行った編集を「アクティビティ表示」で簡単に確認したりすることができます。

ユニバーサルコントロール

ユニバーサルコントロールは、MacとiPadの両方で一つのマウスとキーボードをしようするという、まったく新しい方法を提供します。※3MacとiPadで同じキーボードをつかって文字を入力したり、デバイス間でカーソルを移動したり、MacとiPadの間でファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。ユニバーサルコントロールは複数のMacやiPadで動作するので、すべてのデバイスを使って同時に作業するのも簡単です。

※3.

ユニバーサルコントロール対応機種
MacBookPro(2016年以降)iPadPro
Macbook(2016年以降)iPadAir(第3世代以降)
MacBookAir(2018年以降)iPad(第6世代以降)
iMac(2017年以降)iPad mini(第5世代以降)
iMac(5K Retina27インチ、Late 2015)
iMacPro
Mac mini(2018年以降)
MacPro(2019)

両方のデバイスが、同じAppleIDを使用した2ファクタ認証でiCloudにサインインしている必要があります。ワイヤレスで使用するには、両方のデバイスでBluetooth Wi-FiとHandoffがオンになっていて、お互いの距離が10メートル以内にある必要があります。iPadとMacで携帯電話通信やインターネット接続を共有することはできません。USB経由で使用するには、iPadでMacを信頼する必要があります。

MacにAirPlay

iPhoneやiPadから直接Macにコンテンツを共有することができます。※4Apple Pencilを使ってiPadで絵を描いて、それをMacで周りの人に見せたり、みんなで同じMacの画面を見ながらゲームをしたり、MacをAirPlayスピーカーとして使用するなど、あらゆるものを再生、表示、共有できます。

※4

MacにAirPlay対応機種
MacBookPro(2018年以降)iPadPro(第2世代以降)
MacBookAir(2018年以降)iPadAir(第3世代以降)
iMac(2019年以降)iPad(第6世代以降)
iMacPro(2017年)iPad mini(第5世代以降)
Mac mini(2020年以降)
MacPro(2019)iPhone7以降

共有システム環境設定で「AirPlayを許可する」が「全員」または「同じネットワーク上の全員」に設定されている場合、古いiPhone、iPad、Macモデルと、対応しているMacモデルとの間でコンテンツが低解像度で共有される場合があります。

テキストの認識表示

「テキストの認識表示」は写真にある文字情報、例えば電話番号、ウェブサイト、住所、追跡番号などを認識するので、写真からテキストをコピーして、Mac上のファイルに貼り付けることが出来ます。また画像内の検出されたデータをクリックして、電話をかけたり、ウェブサイトにアクセスしたりすることができます。

画像を調べる

Macに搭載された「画像を調べる」では、画像に写っていおる有名なアート、ランドマーク、植物、本、ペットについて学ぶことが出来ましう。写真の上に表示されている「画像を調べる」インジケータをクリックすると、認識されたものについて詳しく知ることができます。

ショートカット

デスクトップの設定やファイルの一括編集など、Mac上での作業のための予め用意されたショートカットを使用して、毎日のタスクを自動化出来ます。使いやすいエディタを使用して、独自のショートカットを設計することもできます。さらに、Finder、メニューバー、Spotlight、siriなど、ひらいているアプリケーションい関係なく、簡単にショートカットを実行できます。

マップ

マップにはこれまでで最大の素晴らしいアップデートが加わりました。新しいインタラクティブな地球では、地球の美しい自然を探索できます。※1都市を体験する方法が新しくなり、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンを驚くほど詳細な情報を使って探索出来ます。※1また、交通機関、場所のカード、ガイドなども大幅に改善されています。

※1、M1チップ搭載のMacモデルで利用できます。 

iCloud+

iCloud+のサブスクリプションに登録すると、ユーザーに人気のiCludのすべての機能に加えて、素晴らしい新機能を利用出来ます。iCloud Private Relayでは、インターネット上のプライバシーを保護できます。

「メールを非公開」では、ランダムなメールアドレスを作成できます。※5また、HomeKitセキュアビデオの録画のサポートが拡張されました。※6現在iCloudサブスクリプションに登録しているユーザーは、今秋、iCloud+にアップグレードされます。

※5、メールの「メールの非公開」のサポートは、今年後半のソフトウェア・アップデートで提供される予定です。

※6、HomeKitセキュアビデオを利用するには、サポートされているiCloudプラン、互換性のあるHomeKit対応のセキュリティカメラ、ホームハブとして動作するHomePod、AppleTV、またはiPadが必要です。

Apple ID

「アカウントの復旧用の連絡先」で、友達の助けを借りてパスワードをリセット出来ます。また、Digital Legacy Programでは、自分にマン外一のことがあった場合に備えて、故人アカウント管理連絡先を指定できます。

AirPods

AirPods ProとAirPods Maxは、Apple M1チップを搭載したMacモデルに対応し、空間オーディオによる映画館のような体験を楽しめます。

プライバシーコントロール

新しいプライバシー機能により、常に自分のデータをコントロールできます。「メールプライバシー保護」は、メールが開封されたかどうかを送信者に知られないようにします。また、レコーディングインジケータがどのアプリがマイクにアクセスしているかを表示します。

その他の機能

言いたいフレーズを翻訳したり、ゲームの新機能を探索したり、ボイスメモをさらに高速することができます。システム環境設定でパスワードを管理したり、Finderを使って新しい方法でファイルを整理したり、通知センターに新しいウィジェットを追加したり、リマインダーにタグをつけたり、メールで拡張機能を使用したりすることが出来ます。低電力モード※7、新しいアクセシビリティ機能、ローカル言語のための辞書およびキーボードの改善なども提供されます。ヒントの通知は、新しくできることを知るのに役立ちます。また、Macを手放す場合に、すべての故人データをすばやく消去することができます。

※7、MacBook(Early2016以降)とMacBookPro(Early 2016以降)で利用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました