大手3社、新格安プランAppleWatchセルラー非対応

News

新格安プラン・・AppleWatchのセルラーモデルへの非対応が決定

2021年3月後半に携帯大手3社がスタート予定の格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」で、「AppleWatchのセルラーモデル」への対応はしないことが決まったようです。

AppleWatchのセルラーモデルの売れゆきがますます減速しそうな気配がしてきました。大手3キャリアは、その辺りは対応していれば、他社と引き離した感があったかもしれませんが、格安プランでは対応させないあたりが、単に社内に格安別会社を組み込んだだけ・・といった状況で、料金値下げはしたくない・・といった感じが強く出ています。

格安プラン名称価格データ通信通話先行エントリー提供開始受付
docomoahamo税込2,970円20GB5分通話込み~3月25日(木)3月26日(金)ネット
aupovo税込2,728円20GB5分通話
税込550円
~3月22日(月)3月23日(火)ネット
softbankLINEMO税込2,728円20GB

LINEギガフリー
5分通話
税込550円
(1年間無料)
3月17日(水)ネット
楽天Rakuten
UN-LIMIT V
税込2,980円
(1年間無料)
無制限アプリ利用
で無料
店頭
ネット

格安プラン競争は激化の一途

店頭相談可能な楽天がリードするか?

その中、やはり、店舗への問い合わせが多いのは、楽天モバイル。唯一ネット以外でも店頭でのお申し込み相談ができます。楽天エリアも随時拡大していっており、このあたりの競争も激化していきそうな気配となっております。

じわじわエリア拡大も進んでいるようで、エリア内データ無制限が一年間無料。使わなければ0円というのも魅力的ですね。

iOSアップデート直後に不具合が出やすいといったツイートも見かけるのでその辺がメイン回線に出来るかどうか不安なところですが、試してみる価値はありそうです。

auの遅れが悪目立ちしている

今回の格安プランで印象を悪くしているのがau。docomoの値下げでいち早くsoftbankが動きましたが3/13現在auの動きはありません。

auスマートバリューやau契約台数に伴う割引等も早期申し込みの人以外対象にならないなど・・誰かが動くと他の家族の割引が減るような印象。

この場合、家族全員が他社へ移動もしくは割安プランに移動する可能性が高くなるのですが、いいのでしょうか?スマートバリューなども対象外ということで、auひかりや電力系のインターネットもauとセットで使うメリットが感じられなくなり、そちらの移動にも加速がつきそうです。

あくまでも、初動の遅れが悪印象をあたえ続けているau。悪い印象を払拭するような動きをしないまま、au離れを加速させるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました