歴代MacOS バージョン・名称・システム要件一覧

ガジェット
midori
midori

こちらでは、歴代のMacOSについて備忘録的にまとめています。

周辺機器販売や売り場対応などでバージョン確認などが必要な時にご利用ください。

名称リリース日最新バージョン
最新 2020年macOS v11Big Surびっぐさー2020.11.1311.2.3(2021.3.8)
2019年macOS v10.15Catalinaかたりな2019.10.810.15.7 (2021.2.9)
2018年macOS v10.14Mojaveもはべ2018.9.2510.14.6 (2021.2.9)
2017年macOS v10.13High Sierraはい しえら2017.9.2510.13.6 (2020.11.12)
2016年macOS v10.12Sierraしえら2016.9.2010.12.6 (2019.9.26)
2015年OS X v10.11El Capitanえるきゃぴたん2015.9.3010.11.6 (2018.7.9)
2014年OS X v10.10Yosemiteよせみて2014.10.1710.10.5 (2017.7.19)
2013年OS X v10.9Mavericks2013.10.2210.9.5 (2016.7.18)
2012年OS X v10.8Mountain Lion2012.7.2510.8.5 (2013.10.3)
2011年Mac OS X v10.7Lion2011.7.2010.7.5 (2012.9.19)
2009年Mac OS X v10.6Snow Leopard2009.8.2810.6.8 v1.1 (2011.7.25)
2007年Mac OS X v10.5Leopard2007.10.2610.5.8 (2009.8.5)
2005年Mac OS X v10.4Tiger2005.4.2910.4.11 (2007.11.14)
2003年Mac OS X v10.3Panther2003.10.2410.3.9 (2005.4.15)
2002年Mac OS X v10.2Jaguar2002.8.2410.2.8 (2003.10.3)

周辺機器など対応macOS バージョン

現行のMacの場合は、MacOSのバージョンアップが5年〜7年程度無料でできる為、購入から5年程度まで最新OSにアップデートし、そのあとはアップデートなしで使うといった事が想定されます。

周辺機器メーカーでは、今から5・6年前のOSまでサポートしている場合が多く、一部メーカーは更に10年前までのOSの使用ができるようにドライバーを提供している場合があります。

バージョンアップをきちんとしておけば、10年から15年は周辺機器を含めて使用できると考えられます。

ただ、バージョンアップがされていないと早ければ5年で周辺機器もなくなってしまったりするので注意が必要です。

プリンターの例

EPSONなどは現行販売モデルでMacOS X10.6(Intel)モデルあたりまで対応していたりしますが、それより古いOSは非対応。

Canonやブラザーなどでの現行モデルは、OS X10.11まで対応しているがそれより古いOSは非対応。

midori
midori

無料アップデート対応して月日がたった為、最近は減って来ましたが、MacOS10.××に対応したプリンターありますか?といった具体的なOSのバージョンで周辺機器の問い合わせを受けることがあります。

最近は無料アップデートがあるのでぐっと減ったんですが、以前のOSが有料だった頃の端末を持っている方は、アップデートをされていない方が多かったですね。

それぞれのOSのシステム要件

macOS v11 Big Sur

MacBook2015以降
MacBook ProLate 2013以降
MacBookAir2013以降
Mac mini2014以降
iMac2014以降
iMac Pro2017以降
MacPro2013以降
Appleシリコン搭載Mac全モデル

macOS v10.15 Catalina

MacBookEarly 2015以降
MacBook ProMid 2012以降
MacBookAirMid 2012以降
Mac miniLate 2012以降
iMacLate 2012以降
iMac Pro2017以降
MacProLate2013以降
アップデート要件
  • OS X Mavericks以降
  • メモリ4GB以上
  • 18.5以上のストレージの空き容量
  • AppleID(一部)
  • インターネット接続環境
midori
midori

※32bitアプリ完全非対応になった為、古い環境から引き継いだアプリなどが使えなくなりました。Office2016以降でないとOfficeも使えなくなり、Office2011 for Macは使えません。

Adobe系の古いバージョンのアプリをかろうじて使っていた方もここからは使えなくなっています。

macOS 10.14 Mojave

32bitアプリが動作する最後のMacOS

MacBookEarly 2015以降
MacBook ProMid 2012以降
MacBookAirMid 2012以降
Mac miniLate 2012以降
iMacLate 2012以降
iMac Pro2017以降
MacProLate2013以降
Metal対応のグラフィックボードを装着すればMid 2010-2012モデルにも対応
アップデート要件
  • Metal APIをサポートしたMac
midori
midori

ブートキャンプで使えるWindowsがここから10のみに。

macOS 10.13 High Sierra

MacBookLate 2009以降
MacBook ProMid 2010以降
MacBookAirLate 2010以降
Mac miniMid 2010以降
iMacLate 2009以降
MacProMid2010以降
midori
midori

ブートキャンプ経由でWindows7とWindows8.1が利用できる最後のMacOS。

macOS 10.12 Sierra

MacBookLate 2009以降
MacBook ProMid 2010以降
MacBookAirLate 2010以降
Mac miniMid 2010以降
iMacLate 2009以降
MacProMid2010以降
midori
midori

iCloudとの親和性が高まったOS。

AppleWatchでのロック解除もここからできるように。

ストレージの最適化もここから。

こちらのページは現在作成中です。

取り急ぎ、昨今の業務で関連頻度の多いOSまでの情報を中心にアップしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました