[いまさら聞けない] AirPlayとは

Apple用語
midori
midori

お手頃価格のHomePod mini。最近は手に入りやすくなってきましたね。

同僚A
同僚A

midoriさん。

HomePod miniはAirPlayスピーカーであってBluetoothスピーカーじゃないって聞いたんですが、どういうことですか?

midori
midori

これは、本気で理解していないと大トラブルにつながっちゃうところなんで、今回は、Appleの技術用語「AirPlay」について説明します。しっかり理解していきましょう!

この記事をよんでわかること

AirPlayが何かわかる

「文系女子でもわかる」AppleのAirPlayについてまとめていきたいと思います。

HomePod miniを販売する時、必ず説明しましょう

midori
midori

HomePod miniをBluetoothスピーカーと勘違いする人、結構いそうなんですが、全く違うものになるので、注意してください。

HomePod / HomePod mini
  • Siri専用スマートスピーカー
  • AirPlayスピーカー(Apple製品にしか使えない)
  • 高速で安定したWiFi環境が必須
  • 設定にiPhone・iPad・iPodが必要

AirPlayの歴史

「iCloud」よりも長く、2004年 6月Airtunesという名前で誕生。

現在の規格はAirPlay2になっています。

AirPlayって何か

無線技術の(Wifi)を使ってiPhoneやiPod、iPadなどのApple製デバイスから、ビデオ、写真、音楽などをAppleTVやHomePod、AirPlay対応スピーカー、AirPlay対応スマートテレビに映し出したり流したりする技術です。

デバイスの画面上のウェブサイトやプレゼンテーション、スプレッドシートなどを大画面に映し出したりもできます。これをミラーリングって言います。

AppleTV4KをつかってiPhoneなどの画面をテレビモニターなどに映し出す技術もこのAirPlayの1つです。

線とかで繋げなくても、大きな画面に映し出したり、離れたスピーカーから音を出したりするApple独自の技術。この技術には基本WiFi環境が必要です。

P2P AirPlayでさらに便利

ですが、どうしてもWiFiがない場所でプレゼンテーションしないといけない。もしくは同じネットワークを使えない・・といった場合でもP2P AirPlayに対応しているAppleTVやHomePodなどはミラーリングできます。

midori
midori

WiFi環境が十分に整っていない公演会場や学校現場などでも安心の機能ですね。

そして、この機能を使うためにApple TVやHomePodはBluetoothを使ってお互いの位置を把握し、WiFiダイレクトのような機能で端末同士が送受信できるようになっているんです。このことをP2P  AirPlayって言います。

現在のAirPlay2対応のAppleTVやHomePodなどは、WiFi環境がない状態でも利用できるP2P  Airplayに対応しています。あくまでもP2P  AirPlayであってBluetooth接続ではないです。

Apple製品以外の製品とBluetooth接続できるわけではありません。誤解しないように気をつけてください。

AirPlay2のすごいところ

AirPlay 2はオーディオ機器の複数同時接続に対応しています。

HomePodやHomePod miniなどは、 2台以上所有するとさらに面白い。

例えば同じ部屋に 2台のHomePodを設置すると、音が左右に別れてステレオ対応になります。

大きな家に住んでいる方だと、家のあちこちにHomePod系を置くことで、リビングではクラシックを子供部屋ではロックと違う曲をかけることもできますし、全ての部屋に同じ曲をかける事もできます。

AirPlayには映像出力とオーディオ出力とある

さてこのAirPlay、説明する上でややこしくしていたのが、AirPlayするものが 2種類あるということなんですよ。映像出力系とオーディオ系の 2種類。

動画や画像をモニタやディスプレイにワイヤレスで映し出す映像出力系AirPlayと

音楽や音声といった音をワイヤレスでスピーカーから流すオーディオ系AirPlayとがあるんです。

動画や画像をモニターにミラーリングできるものは結構多く、一部の動画サイトを除けばほぼできます。しかし、音楽や音をAirPlay対応スピーカーから出力するには対応するアプリが絞られてきます。ゲームなどは対応していないものがほとんどです。

AppleTVなどはかなり多才で、AppleTV自体がAirPlay受信デバイスなんですけど、ここからまたオーディオをAirPlayスピーカーに飛ばせます。つまり受信デバイスでもあり、オーディオに関しては送信デバイスにもなっています。

実験してみました「AppleTVからHomePodへ」

対応しているアプリをミラーリングした場合は、ちゃんと大画面で画像を出しながら、Homepodからオーディオ出力ができた。

対応していないゲームなどのミラーリングに替えると、モニターにつけている普通のスピーカーから音が出てHomePodにはオーディオ出力できませんでした。

AirPlayスピーカーとBluetoothスピーカーは別物

AirPlayスピーカーとBluetoothスピーカーって同じワイヤレスのスピーカーですけど、別物ですからね。

AirPlayはWiFiでつなげるので音の劣化がない。

Bluetoothの方は近距離無線なので距離も飛んでもせいぜい10m程度。音飛びや劣化、遅延がおこりやすい。送信機と受信機は近くにあればあるほどいい。近距離でも劣化は避けられないため、離れれば離れるほどさらに劣化します。

Bluetoothスピーカーは音は落ちるが汎用性が高い

Bluetoothスピーカーは、Bluetooth対応機器であれば、それがAppleだろうとAndoroidだろうとWindowsだろうとMacだろうと音が出せます。手軽なんですよ。音質を気にしないというのであれば色んなものに繋げられるのはBluetoothスピーカーです。

AirPlayスピーカーはApple製のデバイスとしか繋がりません。(厳密にいうとWindows10でiTunesからの出力であれば一部対応してる部分もありますが、アンドロイドからは利用できません)

Bluetoothスピーカーはそのデバイスから音が出ているものならなんでも出力しますが、AirPlayスピーカーはアプリそのものがAirPlayに対応していなければ音は飛ばせないんです。

AirPlayスピーカーは高音質。WiFiの電波があれば遠隔操作可能

ですが、AirPlayスピーカー高音質なのが特徴です。そして、WiFiの電波が届く距離ならばどれだけ離れていても再生できます。同じネットワークである必要もないため、会社にいながら家のHomePodを鳴らせるなんてことができます。

ちなみに、HomePod miniはAirPlayスピーカーかつスマートスピーカーなので、WiFiは必須だと思ってください。それも安定したWiFi環境です。AirPlayスピーカーとしてはなくても繋がりますが、スマートスピーカーとしてApple Musicを流したりする用途ではWiFiのネット環境が安定していないと問題が起こりました・・っていって何も再生されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました