#27 Apple Watch購入前に確認したい事

番組紹介

2021.1.27(水) stand.fm(スタンドFM)で配信しました。

AppleWatch購入前に確認したいことをお話しています。

midori
midori

AppleWatchの心電図機能の日本での提供開始やiPhoneのFaceIDがマスクをつけたままAppleWatchで解除できるようになるなど。AppleWatchの注目度はさらに高まっています。

番組紹介

とうとう本日から日本でもAppleWatchの心電図機能が追加されました。

健康管理が目的でApple Watchの購入を検討されている方、購入前にまずは使えるかどうか確認してもらいたい事をお話ししました。

是非、健康のための新しい生活習慣に、Apple Watchはいかがでしょうか😄

ミサトさん
ミサトさん

もはやAppleWatchのない生活は送れないです!! 効果音めちゃ使いこなせていますね😆👍今日も楽しく聞かせてもらいました✨✨そしてAppleWatch4を使っている私は6に変えたくてウズウズです。

#27

(時報)<BGMスタート Pendulum>

2021年1月27日(水曜日)おはようございます。 AppleFUNラジオ管理人のmidoriです。

現役の家電量販店の販売員をしております。Apple好きのAppleコーナー担当です。

この番組はApple大好き管理人のmidoriがブログより手短に、そしてツイッターよりは詳しくAppleの製品やサービス、新製品の噂などAppleに関する話題を中心にお届けしております。Appleあまりくわしくないよって方むけの番組でもありますので気軽に聴いていただけたらと思います。

AppleWatchの血中酸素ウェルネスアプリなどをご紹介したのは、先週の第19回の放送だったんですが、その3日後、とうとう待ちに待った心電図機能が日本でもスタートするといったNewsがAppleから発表されました。

するとですね、やはりAppleWatchってどうなの?って、会社の同僚からも質問がありましたし、お客様でもそれを聞いたから、買うことにしました。という方もいらっしゃいました。

そして、ツイッター友達のながのさんが昨日ツイッター上で、AppleWatchを購入する前にまずは知っておきたい重要ポイントということで、私のブログサイトをご紹介してくださり・・

はっと今更ながら、私も気づいたんです。

そうだ、ニュースを聞いて購入しようと来店する方や問い合わせが増えるかも・・。

あ、スタエフでも、あらためて初めて検討している方向けに、購入前の確認ポイントを紹介しておかなきゃ・・と急遽、私の中の月間番組スケジュールを変更して、

(放送前チャイム)

今回の本題は、「AppleWatchを購入する前にまずは知っておきたい重要ポイント6つ(心電図機能版)」をお届けします。

心電図など健康機能目的でAppleWatchを使う上で、まずは抑えておきたい重要ポイント!

<ジャジャン>

①iPhoneが必ず必要です。

AppleWatchはWatchOS7から、ファミリー共有機能が追加されていまして、ご家族がiPhoneを持っていなくても、auのiPhoneを持っている方が、シリーズ6やSEのセルラーモデルを家族用に購入しauでファミリー共有用の契約を結べば子供さんや親御さんにもたせられるようになったんですが。

健康ウェルネス系のアプリはほぼ使えません。(えー)

心電図や不規則な心拍数、血中酸素ウェルネス、睡眠アプリなどは、全て使えません。

(えー)

他にもApplePayとかも使えない

(えー)

ですので、健康管理で使いたい方は、必ずiPhoneを用意してください。

iPhoneの種類も重要です。古いiPhoneではいけません。最低、iPhone6S以降が必要ですが、今年の秋のiOS15ではアップデートできなくなりそうなので、理想をいえばiPhone8以降ぐらいは持っておきたいところです。もちろん、秋までは問題なく使えるので、アップデートなどに合わせてiPhoneを買い換えてもいいですよ。

iPhone持ってないよという方は、iPhoneSE(第2世代)であれば、4万円代からありますので、

(拍手)

AppleWatchが目的で、少しでも安いiPhoneを購入したいというのであれば、SEはいかがでしょうか。お勧めします。

(じゃじゃん)

②シリーズ6を購入すること

心電図機能は、2年前に販売していたシリーズ4から使える機能ですが、シリーズ4もシリーズ5もすでに販売終了モデルですので、現在販売しているモデルのなかではシリーズ6のみ搭載されている機能になります。

他の、SEやシリーズ3では利用できませんので、シリーズ6を購入しましょう。

(じゃじゃん)

③つめ GPSとセルラーモデルがあります

AppleWatchは基本iPhoneとBluetoothでつながって使用しています。

Bluetoothが届く範囲、およそ7~10mぐらいでしょうか、それを超えるとブルートゥースが切れて、GPSモデルは通話や通信を必要とする機能は使えなくなります。

セルラーモデルの方は、ブルートゥースが切れると、中に入っているシムが機能して、電話もメールもそのまま使えます。

ですが、そのためには次の2つが必要です。

1。使用しているiPhoneがドコモ、Au、ソフトバンクで契約しているiPhoneであること。

2。AppleWatchのセルラー契約が必要で、ドコモは月500円、ソフトバンク・auは月350円のオプション料金がiPhoneの料金に加算されます。

ちなみに、iPhoneを個人で契約されている方は、このセルラー契約はAppleWatchの設定画面でできるようになっており、わざわざ携帯ショップに足を運ぶ必要はありません。一部契約が法人だったり未成年だったりで、ネットでの契約ができない方は、携帯ショップにいかないといけないよっといった感じです。

常にiPhoneを持っているという方ならGPSでもいいかもしれませんが、使い方や行動範囲などによってはセルラーがいい場合もあるので、お店の人と色々話をして自分に合った方をお選びください。

ちなみに本体価格はアルミのモデルではGPSのみのモデルと、セルラーモデルでは税込12100円ほどセルラーの方が高いです。ステンレスやエルメス、チタンなどのモデルにはGPSのみのモデルは存在していません。セルラーとして使う気がない場合は、こちらはセルラー契約の画面をスキップすれば、GPSのみで使うことが可能です。

(じゃじゃん)

④画面サイズが2種類あります。

画面サイズは40mmと44mmとがあります。女性用男性用というわけではありませんが、必然的に小さい画面サイズだと腕まわりが細いバンドが増えます。画面サイズが大きいと腕まわりが太いバンドが増えます。汎用メーカーを含めていろんなバンドを試したいという方は、AppleWatch取り扱い店舗で、腕につけてみてサイズを確認してください。

センサーを使って計測しているので、きつすぎてもゆるすぎてもダメなので、腕まわりにあったサイズを選ぶことが重要になります。

(じゃじゃん)

⑤健康管理で使う場合は1日中、寝る時もつける

お風呂やAppleWatchの充電中はもちろん外しますが、基本、1日中つけるものと思ってください。寝ている間もあなたの心拍数や血中酸素濃度などを自動で測ってくれています。

加速度センサーなどで、あなたの動きも理解して、睡眠の質なども計測してくれます。

その日々の記録によって、異常な変化を察知したら教えてくれるのです。

日中だけつける。時たまつけるものではないと、ご理解ください。

シリーズ6では、充電が短時間でできるようになっています。仮にバッテリーが0%になっても、1時間30分で満充電になります。ですので、1日1回充電の場合でも1時間以上充電にかかることはあまりありません。

旅行好きの方などは、予備の充電器やAppleWatchも充電できるようなモバイルバッテリーなどを持っておくと安心ですよ。

また、使用するアプリによっては充電が早くなくなる場合もありますので、充電のタイミングは使い方に合わせて調整してくださいね。

(じゃじゃん)

⑥素材選び

AppleWatchの本体部分をケースというんですが、このケースには素材が3種類あります。

アルミ・ステンレス・チタンの3つです。

金属アレルギーの方などはそれも参考にしてください。

一応Appleでは、今はケースの裏側、肌に直に当たる部分は、セラミック素材にしており、アレルギー反応の起きにくい素材をしようしています。それでもあわないといったことがある方は、汎用メーカーがゴムやプラスチックなどAppleWatchをつつむようなケース素材も販売していたりするので、検討してもいいかと思います。

基本、アレルギーが出にくい製品づくりはされていますよ。

ベルト系ではシリコン系の素材の場合、肌密着で汗疹(あせも)などの湿疹がでるといった例もあります。かゆみが出るという方もいますが。

いつもつけているものなので、清潔に保てるよう、時々洗いましょう。皮とかナイロン素材のベルトとかでなければ、ベルトも洗えます。

APpleWatch本体は、プールや海も泳げる防水性なので、水道などで洗っても問題ありませんから、常に清潔に使いましょう。

私はアレルギー体質なので、洗いやすくて乾きやすい、シリコンぽい素材のスポーツバンドを愛用しています。

まとめ

健康管理でAppleWatchを使うには

①iPhoneがかならず必要

②シリーズ6を購入すること

③GPSとセルラーがあるので、自分にはどっちが向いているかは売り場で相談しよう

④画面サイズが2つあります。それに伴いベルトの長さもちがってくるので、売り場でつけて確かめましょう

⑤一日中つけましょう。寝る時もつけて普段から記録をしましょう。

⑥アレルギー体質のひとは素材選びも考慮して。洗えたりする使いやすい素材がいいです。常に清潔にたもちましょう。

AppleWatchも不規則な心拍の通知、心電図が使えるようになり、ますます生活の一部として活用が期待されます。ぜひこの機会にどうぞ。

あ、あと心電図使うには、購入後にWatchOSのアップデート忘れないでくださいね。

また現在すでに対応AppleWatchを持っていらっしゃる方も、OSのアップデートを忘れずに。

<学校のチャイム3>

<Ukulele Song>

AppleFUNラジオではコメントやリクエストを募集しております。是非ご質問、ご要望等ございましたらコメント欄やツイッターでお知らせください。

最後までお聞きくださいまして誠にありがとうございます。今日も良い1日をお過ごしください。midoriでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました