AppleWatch6はどう進化したのか?

AppleWatch

この記事は、Apple大好き筆者が9月16日のApple Eventの発表および9月17日時点までに入手した情報をもとに考察したものです。またその後実際に新型AppleWatch6を使ってみての感想を追記してまとめております。

日本時間9月16日深夜。AppleEventがオンラインで開催され、新型Apple Watch6、AppleWatch SE、新型iPadAir4、新型iPad8が発表されました。

今回は、9月18日発売の「Apple Watch6」について9月17日までに発表された資料を基に考察したいと思います。(その後AppleWatch6を購入したので実際の使用感などを追記しております)

midori
midori

今回発表されたAppleWatchやiPadはなかなか魅力的な製品でした。iPadAir4の発売が10月以降ということもあり、やはり相談や注文の中心はAppleWatch6が最も多かったです。

お客様
お客様

今までAppleWatch3を使っていて、そろそろ買い替えを検討してました。AppleWatch6が気になってます。どんな風に進化したんですか?

お客様
お客様

前からAppleWatchが気になってたんです。色々教えてください。

今回の記事は、そんなAppleWatchについて説明します。内容的には、AppleWatch3から6への買い替えを考えている方向けの記事になります。(筆者の私自身が3→6への買い替えをした為)

この記事は、Appleなどにあまり詳しくない初心者の方を対象に書いています。製品の詳細を知りたい方は、Apple公式サイトをご覧ください。

そもそもApple Watchって何なの?

Apple Watch とは

Apple Watch (アップル ウォッチ)は、Apple社が2015年4月24日から発売している腕時計型ウェアラブルコンピュータ(スマートウォッチ)です。

iPhoneの周辺機器の位置づけで、iPhoneから設定等を行う為、対応するiPhone(現在はiPhone6S以降)を持っていることが使用の最低条件となるが、今回よりセルラーモデルのAppleWatch4以降でのファミリー共有が可能になり、一台のiPhoneからiPhoneを持たない小さなお子さんや高齢の親などにAppleWatchを利用させることができるようになった。ただし、発表時点での日本での対応通信事業者はauのみ。

お客様
お客様

AppleWatchではどんなことが出来るんですか?

midori
midori

スマートウォッチなので、使う人の設定次第で様々な使い方が出来ますが、主な機能を紹介しますね。

Apple Watch の主な機能

電話・メール・通知等

AppleWatchでは、電話をかけたり電話を受けたりすることが出来ます。

また、届いたメールを見たり簡単なメールの返信をしたりすることが出来ます。

通知機能があるので、そのほかのアプリなどの通知情報も見れます。

緊急地震速報とか防災アラートなども、アプリなどと連動して通知されます。

歩数や運動量などが測定できる

一日の歩数や運動量などを測定しており、iPhoneに自動で記録してくれています。最新のApple Watchになってくるとどんな運動をしているのかもある程度判断して、自動で記録をとってくれます。

また、友達と運動量などをシェアし、競争したりすることもできます。

耐水性能は海やプールで泳げます

Watch2以降の耐水性能は泳げる耐水性能(WR50)。トライアスロンでも鉄腕レースでもなんでもできます。

心拍数などを計測

心拍数などを自動で計測し、iPhoneアプリなどに記録をとってくれます。

運動しているしていないを自動で判断しており、運動をしていない状態で極端に心拍数が上がったりした場合にアラートで教えてくれます。 Watch4以降は極端に心拍数が落ちた場合も教えてくれます。

心電図機能日本で利用開始

iOS14.4〜、WatchOS7.3〜から、待ちに待っていた心電図機能が日本でも対応しました。シリーズ4・5・6で心電図が使えるようになりました。

不規則な心拍の通知が開始

iOS14.4〜、WatchOS7.3〜から、シリーズ3以降で不規則な心拍数に対する通知に対応するようになりました。

Siriが使えます

midori
midori

私はよく料理中に「Hey Siri。タイマーを10分にセットして」と、クッキングタイマー代わりに使ってます。もちろんこれはiPhoneとかでも出来るのですが、手元にあるので手軽です。

Bluetoothイヤホンを使うことで音楽を楽しめる

AppleWatchからiPhoneの中にある音楽を聴いたり、AppleWatchの中にもお気に入りの音楽を入れておいたり、AppleMusicやポッドキャストなどを聴くこともできます。※対応するBluetoothイヤホンが必要です。

お気に入りの音楽を聴きながら、散歩をしたり運動したりできます。

AirPodsやAirPodsProなどをつかっている場合、イヤホン単体では音量調整ができませんが、AppleWatchのデジタルクラウンを回す事で音量調整が出来ます。

iPhoneなどのリモコンとして使える

Apple Watchを利用して、iPhoneから流れる曲を変更したり、カメラのシャッターを押したり、AppleTVのリモコンとして使えたりします。

また、ご自分で使っているMacのロックの解除に使えたりします。

Mapなどでナビを使えばAppleWatchでも誘導してくれます

iPhoneのMapアプリでナビを起動した場合、AppleWatchで誘導もしてくれます。曲がる交差点の少し前で振動で教えてくれたり画面上でも矢印表示をしてくれたりもします。

お買い物のお支払い

ApplePayに対応しているので(一部モバイル決済も対応しています)、コンビニやレストランなどApple Pay対応のお店でAppleWatchでお支払いができます。

SuicaやPASMOにも対応している為、それらのサービスを登録しておけば、対応路線のJRで自動改札などをタッチで通過できたり、PASMOで対応しているバス路線で乗降できたりします。

転倒検出で緊急通報

Watch4から転倒検出機能がつき、設定をしておくと突然倒れたりした時に1分以上反応がないと指定の緊急連絡先に自動で通知がいくようになっています。

お客様
お客様

いろんな機能があるんですね。使いこなせるかな?

midori
midori

あくまでも時計ですから、つけているだけで自動で記録をとってたりするものがほとんどです。難しく考える必要はありません。上記の機能も初代から全てあったわけではなく、進化してきたんです。より反応も早く、画面も見やすくなり、バッテリーの持ちも良くなり・・と。

AppleWatch6はどう進化したの?

見た目

見た目・デザイン、サイズはAppleWatch 4・5と同じで全く変化がありません。4・5で使えたカバーやフィルム、ベルトなどはそのまま使えます。AppleWatch SEも同じくAppleWatch4・5と一緒のものが使えます。

Apple Watch6には新色が。

アルミモデルには、ブルーとレッドが新色で加わり、5色展開となりました。

ステンレスモデルには、グラファイト(黒っぽい)、ゴールド(4・5のゴールドより黄色みが強い)が新色で登場し、5時代のステンレス色より色合いが変わりました。

この新色を見かけたら、AppleWatch6だとわかると思いますが、従来と同じ色を選択した場合、見ただけでは違いはわかりません。常時点灯の5と6は全くわかりません。

今回一緒に発売されたベルト類は、以前の色合いと若干変わっていました。Redも少し朱色がかっていますし、ブラックスポーツバンドの黒も色がほんの少し薄い感じがします。

お客様
お客様

新色がとても気になっているんです。iPhoneSEの赤と色を合わせてもいいかなって思ってます。

midori
midori

私は悩んだ末に新色のブルーを購入しました。暗い室内だと黒っぽい感じですが、明るい外や蛍光灯の下などだと綺麗な青色です。以前あったネイビーのバンドよりバンドの色も濃い印象でした。また残念ながらSEの赤とAppleWatchの赤は色味が違います。AppleWatchの赤はiPhone12の赤に合わせてあり、ちょっと朱色がかかった色合いです。

midori
midori

Apple Watchを裏返してセンサーを見れば、4・5のセンサーとSE、それと6はそれぞれ違います。6は血中酸素センサーがついているので円形状に8つの点が並んでます。時計の裏側なので普通は見えませんから、分かりません。

追加されたセンサー

血中酸素濃度センサー

コロナ禍の中で注目をあびた血中酸素濃度を測るセンサーが追加されました。(SEにはありません)

midori
midori

私は気管支系が弱く、今回のコロナ騒動の中でもこの血中酸素濃度というのが非常に気になっていました。

液晶ディスプレイ

Watch5よりも2.5倍ディスプレイが明るくなりました

シリーズ5の時に常時点灯で暗くなっている時時間が薄らすぎて見えづらい・・という事がありましたが、その時に2.5倍明るくなっていてより見やすい画面になりました。

midori
midori

画面はより鮮やかになった印象です。そして何よりもAppleWatch3からの買い替えなので文字が小さな字でもくっきりはっきり。40mmでも30%表示領域が増えたといわれましたが、情報量が凄く増えた印象でした。設定画面で文字サイズも5段回ぐらいから選べるので、文字サイズを小さめにするとより情報量が増えます。明るさも解像度も良いのでそれでも読みやすい液晶になったと感じました。

処理能力がUP

20%UP

Watch5は4と比べると処理能力が少し上がり、一番の目玉はやはり常時点灯。それにコンパスなどが追加されたマイナーチェンジでした。ですが、この常時点灯は Watch4までのユーザーにとっては非常に魅力的な機能でした。今回の6は5よりもさらに処理能力がU Pしています。

midori
midori

私の場合はWatch3からの買い替えなので、反応速度の速さは感動ものでした。Siriと呼びかけてもすぐに反応してくれるし、画面の切り替えなども早いです。

充電時間が大幅に短縮

バッテリー残量0%だと1時間30分で満充電に

健康管理のために一日中Apple Watchを装着する方が増えている昨今。

私もAppleWatch3の時から、夜は睡眠状態を測定するアプリを使っており、日中も付けていたので、会社から帰ってきてから寝る間際までの時間外して充電をし、夜は付けて寝るという生活でした。帰宅後から就寝前までの3時間から4時間ぐらいは充電器に。(具体的に何時間で満充電になっていたのかは気にしてみたことがなかったので、よくわかっていません)

朝は充電することなくそのまま仕事に。帰宅する頃のバッテリー残量は50%を切るかもうちょっとあるか、ぐらいが多かったように思います。Watch3は常時点灯ではないので、バッテリーのもちは悪くはなかったです。

それでも、0%までなくなってから充電となると相当時間がかかるように思います。(0%にまでなったことはほぼないんですが)

それが今回、充電が早いというのに、凄く期待しました。

midori
midori

実際、6の充電ははやいです。

半分くらいなくなっていても40分くらい。夕食を作ったり食べたりしてる間に100%になっている感じ。夜つけて寝ても、朝残量80%台ぐらいだったので、シャワーとか浴びてる時間ぐらいで100%になっている感じで、無茶苦茶はやくなっている体感です。

iPhone上にAppleWatchの充電が完了していますと出るようになったのも便利です。

常時点灯なので、仕事から帰って家で残量を見た時は、Watch3より減ってるな〜と最初は感じましたがWatchOSやiOSのバージョンアップで改良しました。

高速充電によって、ほぼ一日中(起きてる時もねている時も)充電切れを心配せずに使えているので、充電ストレスは減りました。

まとめ

Apple Watch3以前のモデルを持っている人には、 Watch6は大変魅力的な製品です。

センサーやチップが大幅に向上しており、常時点灯でもバッテリーもちにストレスはありません。6の高速充電は非常に魅力的です。(3で使っていた充電器をそのまま使っての結果なので、時計の充電性能が上がっているようです)

心拍数センサーも第2世代になり、何よりも3までの狭い液晶表示が画面一杯に広がります。そして高精細な液晶は、よりきめ細やかなデザインの文字盤を表示してくれます。一度に表示できる情報量が圧倒的に増えています。

4で加わった転倒検知。今後導入される心電図機能。5で加わった常時点灯。そして、6の酸素血中濃度。よりUPした処理能力と明るい液晶画面。

Apple Watch4を持っている人には、悩ましい製品です。発売から2年がたった4ご利用者には、常時点灯の6が羨ましく感じられるでしょう。ですが、絶対買い換えなきゃというわけではありません。2年たっていてもまだ4は現役でまだまだ問題なく使えます。 Watch5を持っている人にとって、急いで買い替える理由はないと思います。

今回の Watch OSのUPデートはWatch3以降のモデルのみとなりました。3はOSはUPデートが出来ますが、かなりのアプリなどでセンサーなどがない為使えない記録が取れないものが増えてきています。

Watch3とそれ以前のモデルを持っている人には、買い替えをおすすめします。

midori
midori

今回の買い替え、非常に満足しております。

○関連記事○

2021年元旦から始めた音声配信によるAppleFUN(スタンドFM版)の番組です。ラジオっぽい番組づくりで、毎回Appleに関する情報を配信しています。Appleのサービスや製品のこと、好きなことなどを音声でお届けしています。

#6のAppleFUNラジオの放送はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました