watchOS 9 について。新機能など(WWDC22)

AppleWatch

2022年6月のWWDCで発表されたwatchOS 9 について。

watchOS 9 製品概要

watchOS 9は、Apple Watchを使ってアクティブに過ごし、健康を保ち、つながり続けるための新しい方法を提供します。

トレーニングとワークアウトの測定のためのより多くの方法が楽しめます。

服薬している薬の管理と記録ができる新しいアプリ、睡眠アプリに新しく加わった「睡眠ステージ」によるパワフルな睡眠の状態の確認のほか、心房細動と診断された事がある方は心臓の健康状態に関する役立つ情報を得る事ができます。

つながりを保ちアクティブで健康でいるために役立つAppleWatch

watchOS 9 対応機種

Apple Watch Series 4以降

iOS16が搭載されたiPhone 8以降およびiPhoneSE(第2世代)以降とペアリングされているApple Watch Series 4以降

新機能について紹介

文字盤

4つの新しい文字盤が追加

「アストロノミー」「ルナー」「プレイタイム」「メトロポリタン」の新しい4つの文字盤で、より多くの方法で自分らしさを表現して楽しむ事ができます。

アストロノミー

アストロノミー文字盤は大きなディスプレイを活かすように刷新
世界中の現在の雲量を表示

ルナー

太陰暦はさまざまな文化で伝統的な祝日や特別な行事の確認に使われています
ルナー文字盤はこの1,000年に及ぶ慣習を讃え中国暦イスラム暦ユダヤ暦に対応

プレイタイム

アーティストJoi Fulton氏のデザインによるプレイタイム文字盤
奇抜なアニメーションの数字を採用
ディスプレイをタップすると数字が飛び跳ね手首を下げると眠ります

メトロポリタン

メトロポリタン文字盤
Digital Crownを回すとダイナミックに伸びる新しいフォントで時計のタイポグラフィを強調し美しい色の組み合わせも多数提供

より豊富なコンプリケーションに対応

より豊富なコンプリケーションに対応した文字盤がさらに増え、「モジュラー」「モジュラーコンパクト」「特大」の文字盤では背景色を変種してさらにパーソナライズできます。

「ポートレート」の文字盤では、猫、犬、風景などのより多くの写真で深度エフェクトが使えます。

ワークアウト

「ワークアウト」概要

ワークアウト表示パフォーマンス測定の指標やそれらを表示する新しい方法が加わり、トレーニングがよりパワフルな体験になります。

カスタムワークアウトと心拍数範囲を使用して、ワークアウトの強度のモニタリングができるので、パフォーマンスの改善や怪我を減らすことに役立ちます。

新しい「マルチスポーツ」ワークアウトでは、トライアスロン選手はスイミング、サイクリング、ランニングを自動的に切り替える事ができます。

カスタマイズ可能な通知、前回の記録と競争する機能、デザインが刷新された「ワークアウトの概要」も利用できます。

トレーニング指標が追加

watchOS 9では新たな使いやすい測定値や表示と有能なアスリートから着想を得たトレーニングの体験を提供します

新たなトレーニング体験を提供
例えば「ランニング」
機械学習に加えて加速度センサーとジャイロスコープを組み合わせた
センサーフュージョンを使うことで胴体の動きを抽出
どれだけ上下動が発生したか計測します

歩幅の長さと設置時間という他の二つのランニングフォーム指標の計測でも似たアプローチを取ります

これらの測定値は新しくなった読みやすいワークアウトの表示に加えることができます

それぞれのワークアウトの表示はより多くを一目で確認できます
Digital Crownを回してお馴染みの測定値の新しい表示を見られます
セグメント

スプリット

標高
ゾーン
心拍数範囲の導入により今どの範囲内にいるか
簡単に確認できワークアウトのどの時点でも強度レベルを把握

カスタムワークアウト

新しいカスタムワークアウトでは走りに組み立てを追加できます
例えばスピードや持久力の向上に取り組んでいるなら
必要に応じて何度も繰り返せる運動と休憩のセットを含む
距離と時間のインターバルを用いたワークアウトを作成できます
例えば特定の心拍数範囲でトレーニングしたい時に
モニタリングするのに役立つアラートです
ランニング中にそれらのアラートが
触覚と音声のフィードバックで導き
運動と休憩を切り替えるタイミングを教えてくれたり
心拍数が設定した目標範囲を下回ったら
ペースを上げるタイミングを知らせてくれます
パワーの目標値を設定して走れば無理しない範囲で継続でき
距離を延ばすことができます

前回の記録と競争する機能

よく走るルートであれば自動的にワークアウトアプリケーションに保存され
自分の前回のタイムやベストタイムと競争できます

マルチスポーツワークアウト

センサーフュージョンを使い1種目を終えて
次へ移るタイミングを感知します
スイミングとサイクリング
ランニングを自動的に切り替えられます

iOS16では「フィットネス」アプリが全てのiPhoneユーザーで利用可能になります。

「フィットネス」アプリ

iPhoneのモーションセンサーを使い歩数、距離、上った階数や
お気に入りのアプリからのワークアウトを記録します

それは推定消費カロリーに換算され日々のムーブゴールに貢献します

ムーブリングを友達と共有することで助言も受けられます

睡眠アプリ

「睡眠アプリ」概要

睡眠ステージで、睡眠についてより深い知見が得られます。

各ステージの睡眠の時間の長さといつ目が覚めそうになったかなど詳細な情報を確認できます。

睡眠ステージでより詳しい理解が

睡眠アプリケーションは心拍数や呼吸数、血中酸素などの測定値と共に、どれだけ睡眠をとっているかについて情報を提供し多くの人々を助けます。

watchOS9では睡眠ステージで睡眠をより詳しく理解できるようになります

加速度センサーと心拍数センサーから信号を使い
あなたがどのステージの眠りにいるかを感知

機械学習モデルのトレーニングが行われウェアラブルの製品としては最大で最も多様な被験者を対象とした睡眠ポリグラフ検査の臨床基準との比較検証が行われました

各睡眠ステージの時間と
目が覚めそうになった時の
記録を見ることができます
ヘルスケアアプリケーションではさらに詳しい情報を見ることができ
「レム」「コア」「深い」の各睡眠ステージが
必要不可欠な役割を持っていることを学べます

睡眠中はこれらのステージを複数回循環している可能性があります。

「睡眠」の研究に参加できるように

睡眠中に何が起こり健康にどんな影響を及ぼすかについて研究者たちは今も研究を続けています

私たちは睡眠の科学を推し進めたいと思います

Apple Heart and Movement Studyの参加者は
リサーチアプリケーションで
睡眠ステージのデータを提供可能に

この大規模な研究によって新たな発見があることを期待しています

心房細動履歴

「心房細動履歴」概要

心房細動と診断された事がある場合には、心房細動履歴で心臓が心房細動の状態になるおおよその頻度を推定して、生活習慣関連因子を含む詳細な履歴を確認したりできるようになります。

心房細動履歴は、心房細動(AFib)と診断された事がある22歳以上の方による使用を想定しています。

心房細動通知を受け取り命を救う可能性のある治療を求めたという多くの方々の報告があります。

診断された時のサポートも新たに提供したい
このような健康状態で生活している場合には
心房細動が発生した時間について理解することが大事です
脳卒中などの深刻な合併症リスクにかかわる可能性があるからです
watchOS9では心房細動履歴によって
心臓がこのリズムを示していた
時間の長さを記録できます
ヘルスケアアプリでは運動・睡眠・体重など
心房細動が発生していた時間の長さに
影響を与える可能性のある生活要因を
管理することができます

心房細動履歴は心房細動の頻度が最も高くなる時間帯や曜日などを特定するのに役立ちます

医師とPDFを共有し
より有意義な対話を行うことができます

心房細動履歴は心房細動について
長時間にわたって確認するために独自に提供する
この種で初めての機能です

私たちはまもなく心房細動履歴に関するFDAの承認を得る予定です

 AppleWatchは健康のより複雑な側面のいくつかを
より直感的に理解できるようにします

服薬

「服薬」概要

服薬アプリで、服用している薬を便利に目立たずに記録できます。

iPhone上のヘルスケアアプリで、服用リストを管理し、服用スケジュールとリマインダーを設定し、薬の間で重大な相互作用を引き起こす可能性がある場合は通知を受け取ったり、薬の情報の詳細を確認します。

50%超える人々が処方箋を服用しています

服用している薬の確認や管理や理解をもっと簡単にできるようにしたいと思いました

watchOS 9では「服薬」アプリによって目立たず便利に管理することができます

薬やビタミン剤、サプリメントを簡単に管理
抗アレルギー薬のセチリジンのように
時々服用する可能性のある薬
記録できます
定期的に服用が必要な薬の通知も
文字盤の多彩なコンプリケーションでスケジュールを把握
AppleWatchを持っていなくても
ヘルスケアアプリで
服薬の確認と管理ができます

薬のリストの作り方

名前をタイプし始めると候補が表示されます
とりわけ複数の薬を服用している場合にリストを
より簡単に作れるようにしたいと考えました
iPhoneのカメラで薬のラベルスキャンも
リマインダーを受け取るようスケジュールを作成
覚えやすいようカスタマイズしたビジュアルも追加可能

薬の飲み合わせチェック

服薬のもう一つの大事な側面は薬の効果を弱めたり
副作用を起こしてしまう薬の相互作用です

アメリカだけでも薬の相互作用によって毎年25万人近くの人が入院しています。

重大な相互作用がある場合
新しい薬を追加する時に
通知を受け取ります
「極めて重度」「重度」「中等度」の相互作用に加え
アルコールなどの要因による相互作用についても確認できます
「服薬」はiOS16でアップデートされた
ヘルスケア共有とも連携します
健康データをあなたと共有するように
家族に招待を送ることができます
情報提供

大手医療出版社のエルゼビア社と提携して「服薬」の体験全体にわたって臨床的に正確で根拠に基づく情報を提供。

midori
midori

服薬機能は、医療の専門家による判断の代わりとして使用しないでください。服薬している薬のラベルには詳しい情報が記載されていますが、健康に関する判断を行う前に医療機関にご相談ください。

Fitness+

「Intensity」「Strokes per Minute (SPM) for Rowing」「Revolutions per Minute (RPM) for Cycling」「Incline for Treadmill」などのトレーナーによる指標により、Fitoness+の体験が強化されます。サブスクリプション登録者は、対応する他社製のTVやデバイスでこれらのガイダンスと全ての個人のフィットネス指標を確認できます。

Apple Fitness+を利用するにはサブスクリプションが必要です。

2022年8月現在、日本ではサービス提供されていません。

ファミリー共有設定

「ファミリー共有設定」概要

ファイリー共有設定を使うと、iPhoneを持っていない子どものApple Watchと、その保護者のiPhoneをペアリングできます。

ファミリー共有設定を使用している子どもは、HomePodスピーカーとスマートホームアクセサリをコントロールし、ホームキーでドアを開け、Podcastアプリにアクセスしたりできます。

watchOS9でPodcastアプリケーションにより
「検索」と「今すぐ聴く」を使って新しいPodcastを発見しフォロー可能に
Podcastアプリケーションはファミリー共有設定で子どもも使えます

再設計されたアプリ

「再設計されたアプリ」概要

再設計されたリマインダーアプリとカレンダーアプリを使って、手首の上から重要なタスクやイベントをより詳細に表示して編集できます。

その他の機能

刷新されたSiri UI、Apple Watch Series 7のキーボード言語の拡大(6つの新しいキーボード言語が対応)、新しいバナー通知の他、Dock上部に固定することによる実行中のアプリにより簡単に素早く戻れるようになります。 

watchOS9は刷新されたSiri UIと新しいバナー通知も導入
アクティブなアプリケーションはDockの一番上に固定

Apple WatchのミラーリングはAirPlayを使い、Apple Watchの画面をiPhoneにストリーミングして、スイッチコントロール、音声コントロールなど、iPhone上のあらゆる支援機能を使えます。

また、デベロッパはCallKit、共有シート、Photos pickerを使って、アプリでクラス最高のサードパーティアプリケーションを開発できるようになります。

Appleから

発表された機能は変更される場合があります。地域や言語によっては一部の機能、アプリ、サービスを利用できない場合があります。

タイトルとURLをコピーしました