HomePod miniのある暮らし(体験記)

HomePod
midori
midori

2020年11月16日発売のAppleのスマートスピーカーHomePod miniが我が家にやってきて半月。スマートスピーカーのある暮らしが初の管理人が使用感や便利機能などをご紹介します。

HomePod miniに興味あるけどどうなの?と言われる方の参考になればと思います。

HomePod miniがなかった頃には戻れない?

実際に購入し使用してみての感想は、今回のHomePod miniも価格、品質、デザイン、サイズ感で◎。

ぜひお勧めしたいApple製品の1台です。

HomePod miniはAppleのスマートスピーカー

HomePod

Appleには、HomePodというスマートスピーカーがあります。Miniはその後継でも廉価モデルでもなく、小さいサイズの別商品です。

ですが、そのコンパクトなデザインなのに、音も良く、結構響きます。小さいの低音の響きがいいのです。多分体感されると、このサイズでなぜこんなに低音も含めて音の質がいいのか?って思われると思います。

日本のコンパクトな部屋のサイズであれば、このサイズでも十分すぎる音量が出ます。

店舗のような開けた空間や大きなリビングなどに置いた場合は、HomePodの方が音の広がりは広いですし最大音量も大きいと思います(HomePodには空間認識機能があり、その空間に合わせて音量等を最適化するので、狭い部屋には狭い部屋に最適化されます)

購入時の注意点 1点目・・設定に必要なもの

HomePodやHomePod miniの設定は対応するiPhoneかiPad・iPod touchが必要になります。

設定に必要なもの

ソフトウェアの最新バージョンを搭載したHomePod miniと、iOSの最新バージョンを搭載したiPhone SE、iPhone 6s以降、iPod touch(第7世代)、またはiPadOSの最新バージョンを搭載したiPad Pro、iPad(第5世代以降)、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降が必要です。

midori
midori

これだけは使い始めるための必須条件なので確認して購入しましょう!

購入時の注意点2点目・・勘違いしないでね

HomePodやHomePod miniは有線接続できるスピーカーではありません。また、Bluetoothスピーカーでもありません

外部スピーカーでもBluetoothスピーカーでもない

他の製品(スマホやパソコン、TVや音響機器)と有線でつなげて音を出したり(スピーカー)、Bluetoothで接続して音を出したり(Bluetoothスピーカー)としては使えません

「AirPlayスピーカー」であり「Siriスマートスピーカー」です。ですので、WiFiは必須です。AirPlayに対応していないアプリの音は出せません。ゲームなどをいい音で聴きたいというのは無理です。動画や音楽を楽しむようなアプリはAirPlayに対応しているものがほとんどなので利用できますが、予測不可能な音をだすゲームなどは対応しません。アプリ側がAirPlayに対応していなければ、そのアプリの音はHomePodでは聴けないのです。

midori
midori

私はもともと、iPhoneやMacと並行してAppleMusicを聴いたり、動画視聴をする目的しか考えていなかったので、気にもとめていなかったのですが、勘違い購入されそうな方がいたので、12/18に追記しました。

一台でもスピーカーの音はいいが・・2台目がほしくなる

HomePodやHomePod miniは2台置くとそれぞれが右と左に分かれてステレオになる機能があります。

その為、最初一台設置した時にその音の良さから、ここにもう一台置いたらどんな風に変わるんだろう・・と興味が湧いてきて・・もう一台・・と思ってしまいます。

価格も一台あたり11,880(税込)です。2台買ってもAirPodProよりも安い。2/3程度です。

2月14日に2台目をやっと購入しました。それまで入荷しなかった。

それまでAppleTVやパソコンからの出力の場合は1個だと物足りなかったんですが、2個セットになったことでステレオ効果でバランスが良くなりました。

2個でステレオ対応させたけど

アプリによってはステレオ再生しない場合があります。

iPhoneをかざして音楽を持ち出したり移したり

あなたが持っているiPhoneがiPhone11以降のiPhoneなら是非HomePod miniにiPhoneをかざしてみてください。

例えば、iPhoneで音楽を聴きながら外から帰ってきたとします。そのままiPhoneをHomePod miniにかざすと続きの音楽がHomePod miniから流れ出します。逆も出来ます。今までHomePod miniで聴いていた曲を持ち出したいiPhoneをかざすと今度はHomePod miniから出力は止まり、iPhoneから音楽が流れ出すのです。もちろんそれはAirPodsProなどをiPhoneにつなげていた場合、イヤホンから続きの音楽が流れ出します。

これはちょっと不思議なようなそれでいてご機嫌な機能です。

この機能、U1チップを搭載したiPhoneが必要とApple公式サイトでも載っているのですが、なぜかU1チップ非搭載のiPhoneSE2でも出来たとのツイートもありました。

midori
midori

ブログを書いたり、記事の案を考える時はAppleMusicでCafe用のBGMを流すようにしています。結構集中力もついて気持ちいいですよ。

※この機能に関しては、HomePodminiとiPhoneが同じWiFiネットワークにつながっている必要があります。

iOS14.4とHome14.4でU1チップに対応

上記で説明した際には、U1チップがなくても・・といったお話しでしたが、iOS14.4からはU1チップによって近づけるだけで今までとは違うほど振動して切り替わるようになりました。

「おはよう」「おやすみ」「今日の天気は?」

スマートスピーカーが日本に普及しだしたのは、2017年ごろからでしょうか。GoogleHomeがめちゃくちゃ売れたのを覚えています。スマートスピーカーとは?と年末ごろにWeb研修を受ける用に・・と言われて学んだことを覚えています。

興味はありましたが、Apple大好き管理人としては、GoogleHomeではなくAppleからのスマートスピーカーを待ちたいという思いもあり購入はしなかったのですが、待って待って登場したAppleのスマートスピーカーはどこよりも巨大な本格的なスピーカー。興味はありましたが、住宅事情からこれは大きすぎる・・という思いと36,080円という価格。当時はAppleMusicも使っていなかったので、自分に音楽需要がさほどなかったのです。

他のスマートスピーカーは1万円以下になって、どんどん低価格になっていく印象だったので手を出しませんでした。

スピーカーと何話をするんだ。スピーカーで家電を制御するのも・・自分には関係ないな。そんな感じでした。

ですがHomePodMiniの登場で1万円前後の価格でAppleのスマートスピーカーが手に入るということで、購入。休みの日の生活が様変わりしました。自宅がCafe気分で作業ができます。そして、他のスマートスピーカーはこれがメインのような気がしますが、HomePod Miniに話しかける。

「HeySiri、おはよう」「おはようございます。」

「Hey Siri、おやすみ」「おやすみなさい。ゆっくり休んでくださいね。」

「HeySiri、今日の天気は?」「現在晴れていて。気温は13度です。今日の最高気温は16度。最低気温は8度でしょう。」

「HeySiri、今日は雨が降る?」「今日は雨は降らないようです。」

「HeySiri、会社までの時間は?」「会社までの国道○号線は現在中程度の混み具合なので所要時間は26分程度です。」

「HeySiri、○○市の人口は?」「Web検索での候補がいくつかあります。お使いのiPhoneに結果をお送りします。」

「HeySiri、買い物リストにお味噌を追加して」「はい。買い物リストに追加しました」

と、スマートスピーカーなら当たり前のレベルなんですが、あると使ってしまいますね・・。今更なんですけど。独り言レベルだったことが、言葉だけでメモできたり指を使って検索しなくても話しかけるだけで答えてくれるのは助かります。

HomePodの場合は、やはり音がいいスピーカーとしての性能がまずは1番際立っているので使用頻度は高く。それでいてスマートスピーカーなんだ・・といった感じです。

興味深かったインターコム機能

外出先からiPhoneのHomeアプリからHomePod宛に音声メッセージが送れるようになりました。もちろんminiに対してもです。iPhoneから送ると自宅にあるHomePodMiniからすぐに再生されます。

家の中に複数HomePod系があると、家の中での内線がわりにもできます。これも面白いです。

こちらはどちらかというと家族がいて、部屋も何部屋かあると便利に使えそうです。

AppleMusicやAppleOneでご機嫌

AppleMusicもファミリーで1,480円/月で家族6人までアクセスできます。10月30日から日本でも提供開始されたAppleOneに加入すれば1,850円/月でAppleMusicはファミリープランで利用でき、iCloudも200GB、AppleTV+やArcadeも家族で使えます。

家族で音楽好きやゲーム好き、iPhoneやiPad、Macなどのユーザーが複数いればAppleOneもお得といえます。個人向けのAppleOneももう少し低価格で用意されているので気になる方はAppleOneも要チェックです。

AppleMusic価格
学生(大学生以上)480円/月
個人980円/月
ファミリー1,480円/月
AppleMusic月額利用料金
AppleOne価格
個人1,100円/月
ファミリー1,850円/月
AppleOne月額利用料金

音楽を聴けるサービスは他にも

Amazon Prime会員ならAmazonMusic Primeも追加料金なしで利用できます。スマートスピーカー的な利用方法ならこれでもOK。無料音楽アプリSpotifyももちろん利用できますよ。スマートスピーカーと考えれば当たり前ですが、iPhoneで聴けるものはなんでも聴けます。なので、絶対AppleMusicじゃないと使えないといったことはないです。Siriを使って検索や再生をするならAppleMusicが便利ですといったところでしょうか。

不満を挙げるなら・・

ワイヤレスでないこと

サイズ感でいうとワイヤレス・・とちょっと期待してました。

ワイヤレスだとここまでの音質は無理なのかも知れませんし、ずっと音楽を流しっぱなし・・にも出来ないので逆に不便さがあるかもしれません。

ですが結構「ケーブルが邪魔」と最初おもいました。各部屋に置けばいい・・というのはわかるんですが、ちょっと持ち運んで他の部屋で使いたい・・という気軽さも欲しいなって思うと、それができない。

ケーブルも抜き差しできません。「mini」といったお手軽感でいえばあってもいいかなって思いました。また、コードレスが可能になったら、防水HomePodも欲しいかな。

現実に音質は置いておいて防水スピーカー、コードレススピーカーはいくつも商品があります。Appleの場合、既存のカテゴリーに進出してより良いものを作り出す技術もある会社なので、今後のMusicジャンルの成長も期待したいところです。

Siriはもっと進化してほしい

私は超Apple好きなので、正直GoogleとかAmazonとか使ってません。ですが、お店で取り扱っているので知っています。Siriよりもっと面白い反応をしてくれることを。

「OK、Google。象さんの泣き声は?」と聞くと泣き声が聞けます。Google Homeだと・・。

「Hey Siri。象さんの泣き声は?」「Web検索の結果がいくつかあります。お使いのiPhoneにお知らせします。」

この辺はSiriって面白くない。Siriはもっと進化してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました