iPadOS16について。新機能など。(WWDC22)

iPad

2022年6月のWWDCで発表されたiPadOS16について。

iPadOS16 製品概要

この秋登場するiPadOS16。このiPadOS16を搭載したiPadは、これまで以上に直感的でさらに生産的になり、一段と万能になります。

メッセージはよりパワフルな共同作業機能が、メールにも新しい便利ツールが楽しめるようになります。

iCloud共有写真ライブラリで、家族と写真の共有や共同作業が簡単にできるようになります。

お天気アプリもiPadに登場し、詳細な予報モジュールも活用できます。

テキスト認識表示を使用してビデオ内のテキストを操作したり、リファレンスモードなどのプロ向け機能、アプリ内でより多くのものを表示するためのディスプレイのサイズ調整モード、ステージマネージャによる新しいマルチタスキングの方法、外部ディスプレイのフルサポートも活用できます。

midori
midori

今回のiPadOS16では、ディスプレイ表示が大きく改革されます。iPadで初めて、複数のアプリをサイズを変えて表示できるようになります。まるでMacなどのPCのような操作性に近づきます。ファイルの管理でも、拡張子の変更やフォルダサイズがわかるようになります。

iPadOS15では対応していなかった日本語でのテキスト認識も、出来るようになりそうです。この秋が楽しみです。

iPadOS16対応機種

iPadPro(すべてのモデル)iPad(第5世代以降)
iPadAir(第3世代以降)iPad mini(第5世代以降)
midori
midori

iPadOS15まで対応していたiPadAir2とiPad mini4がアップグレード対象からはずされました。

新機能について紹介

天気

天気アプリがiPadに登場し、より大きなディスプレイで活用できます。

アニメーションは臨場感にあふれ、予報モジュールを活用して空気質や地域予報などもより詳細に確認できます。

重大な気象警報の通知を受け取るように設定できるので、荒天を確認して備える事が容易になります。

midori
midori

今までiPadに純正のお天気アプリがなかったんですね。

メッセージ

メッセージを送信してから最大15分間メッセージを編集したり、誤送信してしまったメッセージの送信を取り消したり、後で対応できるようにメッセージを未読に切り替えることができるようになります。

「あなたと共有」の機能が向上し、他社製アプリでも利用できるようになります。

メッセージを使って、共同作業アプリ内の共有プロジェクトを開始したり、管理したりすることができます。

更に、メッセージでSharePlayを使えるように、家族や友達と同時にコンテンツを楽しめるようになります。

midori
midori

メッセージを送信してから最大15分間、メッセージの編集または送信の取り消しができるように。

メール

新しいメールボックス機能を使って、Eメールの送信を予約したり、送ったばかりのEメールの送信を取り消したりできます。

また、情報量の多いリンクを追加して一目で共有したコンテンツの詳細がわかるようにして、美しいEメールを作成することもできます。(日本語非対応)

midori
midori

美しいEメールの作成は、英語(オーストラリア、カナダ、インド、シンガポール、英国、米国)で利用できます。

また、進化した検索機能により、入力ミスがあっても関連性の高い検索結果が提示され、同義語の検索もできます。(日本語非対応)

midori
midori

このメールの検索機能は、英語のスペル修正および同義語に対応します。

iCloud共有写真ライブラリ

自分以外の家族最大5人シームレスに写真とビデオを共有できるようになります。

iCloud共有写真ライブラリは、家族それぞれが写真とビデオをアップロードすることができます。

共有ライブラリのコンテンツは、全員の「メモリー」「おすすめの写真」「写真」ウィジェットに表示されます。

Safariとパスキー

共有タブグループを使ってウェブサイトを共有しながら友達と共同作業ができます

共有タブで共同作業が可能に

また、フィッシングや漏洩の被害を受けない次世代の認証情報であり、パスワードに変わることを目指すパスキーを使用します。

テキスト認識表示

テキスト認識表示ビデオに対応しました。テキストが表示されているフレームを一時停止し、そこからテキストを取得することができます。

midori
midori

この機能は、A12Bionic以降を搭載したiPadで利用できます。

英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ウクライナ語で利用できます。

iPadPro11(1st)以降iPad(8th)以降
iPadPro12.9(3rd)以降iPad mini(5th)以降
iPadAir(3rd)以降

また、画像の被写体を背景から取り出し、メッセージやメモなどのアプリにコピー&ペーストすることもできます。

midori
midori

この機能を利用するには、音声モデルのダウンロードが必要です。

ステージマネージャ

ステージマネージャは、アプリを自動的に整理するので、マルチタスクやアプリ間の切り替えが簡単にできます。

iPadでははじめて、重なり合う複数のウィンドウのサイズを変更して使用できるようになり、理想的なワークスペースを作れます。

ステージマネージャは、最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイを完全にサポートします。

iPadと外部ディスプレイ上で様々なアプリを使い、アプリ間でコンテンツのドラッグ&ドロップができます。

midori
midori

ステージマネージャは、iPadPro11(3rd)、iPadPro12.9(5th)、iPadAir(5th)で利用できます。

新しいディスプレイモード

新しい拡大表示の設定では、ディスプレイに表示されるピクセル密度が増え、アプリ内でより多くのものを表示できます。

Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proのリファレンスモードでは、ビデオとフィルムのコンテンツの編集用に複数のリファレンスカラーのプリセットを利用できます。

midori
midori

新しい拡大表示は、iPadPro11(3rd)、iPadPro(5th)、iPadAir(5th)で利用できます。

ゲーム

Metal3により、MetalFX Upscalingのような機能を持つ次世代のiPadゲームが可能になるため、パフォーマンスが加速し、驚くほど美しいビジュアル体験ができます。

デザインが刷新されたGame Centerのダッシュボードでは、自分や友達がどのゲームをプレイしているかや、様々なゲームで、友達の達成状況を一箇所ですべて確認できます。

Game Centerのマルチプレイヤー対応ゲームでは、SharePlayを利用することで、より簡単に友達と一緒にプレイできます。

midori
midori

MetalFX UpscalingはA13Bionicに対応したiPadで利用できます。

Metal 3

ゲームやプロ用アプリケーションがAppleシリコンを最大限に活用できるように支援できる機能が搭載されています。解像度グラフィックスの短時間でのレンダリング、リソースの高速ロード、GPUを使用した機械学習ネットワークのトレーニングなどが可能になりました。

■MetalFX Upscaling

高性能なアップスケーリングとアンチエイリアシングにより、複雑なシーンをフレームあたりより短時間でレンダリングします。時間的または空間的アルゴリズムの組み合わせを選択することで、パフォーマンスを向上させることが可能です。

■Fast resource loading(高速なリソース読み込み)

非同期I/Oを使用して、最適な方法でアセットのデータをストレージから直接Metalのテクスチャとバッファにストリーミングできます。

■オフラインでのシェーダコンパイル

コンパイラはGPUバイナリをプロジェクトのビルド時に生成できるため、App内でのシェーダコンパイルがなくなります。これにより、ゲームのパフォーマンスが向上し、読み込み時間が短縮されます。

■メッシュシェーダ

この新しいジオメトリパイプラインは、頂点シェーダをオブジェクトとメッシュの2つの新しいシェーダステージに置き換え、より柔軟なカリングとLOD選択、より効率的なジオメトリシェーディングと生成を可能にします。

■PyTorchのMetalバックエンド

PyTorchバージョン1.12の新しいMetalバックエンドは、MPS GraphとMetal Perfomance Shadersプリミティブを使って、高性能でGPUアクセラレータを使ったトレーニングを可能にします。

■新しいレイトレーシング機能

Metal Ray Tracingの改良により、アクセラレーション構造の構築に費やすGPU時間が短縮されました。かリングなどの作業をGPUに移行してCPUのオーバーヘッドを削除し、プリミティブデータへの直接アクセスにより交差とシューディングの両方を最適化することができます。

iPadPro11(3rd)iPad(9th)
iPadPro12.9(5th)iPad mini(6th)
iPadAir(4th)以降
midori
midori

WWDC2022では、MacOSの紹介の中でMetal3と「バイオハザード」が紹介されたよ。

ホーム

ホームアプリは、スマートホームアクササリの表示や操作が簡単で一目でわかるようになる、全く新しいデザインが採用されます。

iPadOS16は、スマートホームの接続規格「Matter」にも対応したので、より多くの人にスマートホームを体験していただけます。

midori
midori

2022年後半にアップデートとして提供予定です。

ファミリー共有

子どものアカウントの設定と管理がさらに簡単になりました。

子どものアカウントを作成したら、数回タップするだけで子どものためのデバイスを設定できます

Appleで購入したお気に入りのアイテムやサブスクリプションを簡単に共有できるので、家族全員がそれぞれパーソナライズされたお気に入りのコンテンツにアクセスできます。

デスクトップクラスのアプリ

作業効率化アプリに新しい操作方法が加わり、できることがこれまで以上に広がりました。

一貫した取り消しとやり直しの操作方法のほか、再設計された検索と置換の体験、新しい文書メニュー、カスタマイズ可能なツールバーが追加されます。

ファイルアプリでは、ファイルの拡張子の変更フォルダのサイズの確認などができます

アクセシビリティ

FaceTimeのビデオ通話とiPad上の通話やコンテンツに対応するライブキャプション、VoiceOverと読み上げコンテンツへの20以上の対応言語の追加、音声コントロールのスペリングモードなどのアクセシビリティ機能を利用できます。

midori
midori

ライブキャプションは、iPhone11以降、A12Bionic以降を搭載したiPad、Appleシリコンを搭載したMacの各モデルで英語(米国・カナダ)で利用できます。

音声コントロールのスペリングモードなどのアクセシビリティ機能は英語(米国)で利用できます。

タイトルとURLをコピーしました