AppleWatchが睡眠中も点灯したままになった(解決法をご紹介)

How To
お客様
お客様

midoriさん、AppleWatchがいつの間にか睡眠中に常時点灯したままになったんです。

midori
midori

WatchOS8にアップデートした後、なぜか私もそんなふうになってしまいました。設定でなおせるので、今回はそれをご紹介します。

このページでわかること

睡眠時、AppleWatchが常時点灯してしまうようになったのをなおす。

(日中は常時点灯、睡眠モードになると自動で消灯されるようにする。以前はデフォルトでそうなっていました。)

WatchOS8にしたら、睡眠中も常時点灯?

睡眠中は画面が消えてたはずなのに・・

iPhoneで「睡眠」設定をしていて、「AppleWatchと連動する」ように設定をしていると、睡眠モードになるとAppleWatchの常時点灯が消えて、Digital Crownやサイドボタンなどを押さなければ、時間も表示されなくなります。

Digital Crownを押すとこのような表示が出ますが、基本真っ暗です

睡眠ログをとるため、AppleWatchをつけて寝る方には睡眠中は点灯させない方が良いですよね。

睡眠モードになると、通常、消灯するはずなのですが、この睡眠中の消灯が、私の場合、WatchOS8へのアップデート後、消灯されなくなってしまいました。

どこか設定を変更してしまったのか、当初不明でした。

夜間、AppleWatchがずっと点灯しているというのは、地味に眩しいですし、電池も消耗してしまいます。

元のように夜間は自動で消灯するようにする方法をご紹介します。

iPhoneとAppleWatchの設定を確認する

睡眠モードの設定が新しいOSで変更されました

iPhoneやAppleWatchは、iOS15やWatchOS8で「集中モード」の中に「睡眠」などが入ってしまい以前とは見た目が少し変わってしまいました。

iPhone側の設定を確認

まずは、iPhoneの設定を確認

①「集中モード」をタップ。

②「集中モード」の中で「デバイス間で共有」をONにしておきます。

③「睡眠」をタップ。

「睡眠」の画面で下にスクロールすると、「次のスケジュール」と「毎日」があり、こちらで日々の就寝時間と起床時間をスケジューリングできます。スケジュールを組んでおくと、時間になると自動で、睡眠モードに切り替わります

AppleWatch側の設定を確認

iPhoneの設定を確認したら、次にiPhoneの中のWatchアプリでAppleWatch側の設定を確認します。

①「マイウォッチ」の中の「睡眠」をタップ。

<原因発見>私の場合は、この中の「睡眠用画面」がアップデートでOFFになっていました。

「睡眠用画面」がOFFになっていると、睡眠中も常時点灯のままになってしまいます。

「睡眠用画面」をONにかえれば解決です。

iPhoneの設定で集中モードの睡眠をONにするか、Apple Watchのコントロールパネル(画面の下から上にスワイプ)で「睡眠」に切り替えれば、画面がベッドマークになって消えたままになります。

設定した時刻の間は、時刻を見るにはDigital Crownを回さないといけませんが夜ふと目が覚めた時、AppleWatchが明るいといったことはなくなります。バッテリーの消費も低く抑えられます。

設定に問題がないのに画面が消えない場合

AppleWatchがバグっているだけかも

先日この記事を書いた後、問題なく利用できていたのですが、新年をあけて1月6日の夜にAppleWatchが睡眠モードに切り替わっても、画面が消灯しなくなり焦ってしまいました。

設定なども無意識に変更していないか?watchOSのアップデートなどがなかったか?

色々探ってみましたが、特に問題はありませんでした。

「とりあえず、再起動」ということで、AppleWatchを再起動してみました。再起動したら、ちゃんと睡眠モードで消灯し問題は解決。

watchOS8.3は、今の所、まだトラブルが解決できていない部分も報告されています。

ちょっとしたバグも起こしやすいのかもしれません。

まずは「再起動」を試してみて

とりあえず、おかしいなと感じたら「再起動」も、試してみて下さい。

<AppleWatch関連のトラブル>

<AppleWatch関連記事>

タイトルとURLをコピーしました