初代iPhoneSEからの買い替え。iPhone12miniそれともSE2?

iPhone
お客様
お客様

初代iPhoneSEを気に入って使ってきたんですが、さすがにそろそろ買い替えしないと・・。でも、どの機種にしようか迷ってるんです。

midori
midori

そうですね。新型SEにするのかiPhone12miniにするのか・・そのあたりで悩んでる方が多いですね。2つの機種のちがいを説明するので、最終的にどのモデルにするかはご自身で判断してくださいね。ちなみにうちのお店ではminiの方が最終的には選ばれる方が多いかなと思いますが、どちらでもお好きな方でいいとは思いますよ。

この記事でわかること

iPhoneSE(初代)からの乗り換えで話題になっているiPhoneSE(2nd)とiPhone12miniの違いがわかる

違いが分かった上で自分にあった製品選びができる

初代iPhoneSEが好きな人は意外に多いです

初代iPhoneSEが販売されたのは、iPhone6Sの時代で、意外にもそこまで古くはないんです。

iPhoneが巨大化していく中で小さいiPhone5やiPhone5Sのサイズ感が好きっていう方向けにiPhone5Sを元に作られた機種になります。2016年3月に発売したので、今(2021年1月)からだと5年近く前になります。

その後もiPhoneはどんどん巨大化し、SEはなかなか後継機種を出さなかったので、あきらめて機種変更した方もいらっしゃいましたし、ずっと待っていた方もいらっしゃいました。

初代iPhoneSE スペック

画面4インチ(Retinaディスプレイ)
サイズH123.8×W58.6×D7.6
解像度等1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi
コントラスト比800:1コントラスト比(標準)
輝度最大輝度500ニト(標準)
重量113g
チップA9 (iPhone6Sと同じ)
内蔵メモリ2GB
ビデオ再生時間最大13時間
認証タッチID
防水なし
容量32GB・128GB
無線802.11ac Wi‑Fi 5
BluetoothBluetooth 4.2
モバイル通信4G LTE

今と比べると液晶性能、カメラの性能がかなり見劣りします。もちろんApplePayなどは非対応です。

WiFiなどの無線ネットワークの規格もBluetooth規格も見劣りします。

iPhoneSE(2nd)スペック

画面4.7インチ(Retina HD ディスプレイ)
サイズH138.4×W67.3×D7.3
解像度等1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
コントラスト比1,400:1コントラスト比(標準)
輝度最大輝度625ニト(標準)
重量148g
チップA13 Bionic (iPhone11と同じ)
内蔵メモリ3GB
ビデオ再生時間最大13時間
認証タッチID
防水水深1mで最大30分
容量64GB・128GB・256GB
無線802.11ax Wi‑Fi 6
BluetoothBluetooth 5.0
モバイル通信4G LTE

こちらはiPhone8の筐体に中身のチップはiPhone11に合わせたモデルになります。iPhone11はFaceIDなので、タッチIDが使いたい方には現在販売されているモデルではSE(2nd)が唯一の選択肢になります。

iPhone12 mini スペック

画面5.4インチ(Super Retina XDR ディスプレイ)
Ceramic Shieldの前面
サイズH131.5×W64.2×D7.6
解像度等2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
コントラスト比2,000,000:1コントラスト比(標準)
輝度最大輝度625ニト(標準)
/ 最大輝度1,200ニト(HDR)
重量133g
チップA14 Bionic
内蔵メモリ4GB
ビデオ再生時間最大15時間
認証Face ID
防水水深6mで最大30分
容量64GB・128GB・256GB
無線802.11ax Wi‑Fi 6
BluetoothBluetooth 5.0
モバイル通信5G(ミリ波非対応)

iPhone12の性能のまま、サイズを小さくしたモデル。モデル作りの中でSE(初代)を意識している事が感じられるサイズ感。

高さが7.7mm、幅が5.6mmほど大きいですが厚みは一緒です。フレームもストレートで持った感じがminiの方が近く感じます。SE(2nd)だと高さが14.6mm、幅が8.7mmであきらかに大きい上にフレームも丸い。iPhone8の筐体なので元々小さい筐体が使いたいと思っていた初代SEユーザーにとっては大きいiPhoneに乗り換えたことになってしまいます。

iPhoneSE(2nd)とiPhone12 miniを比較して

サイズ感、デザインなどはminiが好まれる

SEの後継選びとしてiPhoneSE(2nd)とiPhone12 miniを比べるとそのデザイン・サイズ感はiPhone12 miniの方が近い感じです。重さは20gほど重たくなっているのですが、SE(2nd)の方が重いですし、大きさも少し大きく、何よりも形状が12miniの方がフレームが丸くなくSEに近いデザインになっています。

そして、画面が有機ELでもあるSuper Retina XDRになっておりとにかく綺麗。

お客様
お客様

まるではめ込み画像かと思うくらいくっきりしていて綺麗ですね。

これに感動される方が本当に多いです。

そしてこの形状と前面のCeramic Shieldによって、画面強度がiPhone11と比較して4倍割れにくくなっているという事なので、それよりも2世代古いiPhone8の筐体をつかっているSE(2nd)だとより強度が気になるところです。

画面もタッチIDがない12miniの方がサイズが小さいにもかかわらず画面の表示領域が大きい。これも魅力的です。

価格とタッチIDの有無で悩む方が多い

それでもSE(2nd)かな?という方の多くがFaceIDとタッチIDの違い。そして価格の差で悩まれます。

iPhone SE2(4.7inch)

64GB128GB256GB
SIMフリー49,28054,78066,880
ドコモ57,02462,56875,240
au55,27061,25075,215
ソフトバンク57,60064,08078,480
iPhoneSE2(4.7inch) 税込価格 2020.12

iPhone12 mini(5.4inch)

64GB128GB256GB
SIMフリー82,28087,78099,880
ドコモ87,91295,832110,088
au90,06595,240109,305
ソフトバンク96,480102,960116,640
iPhone12mini(5.4inch) 税込価格 2020.12

以上のように価格差は税込33,000円です。結構大きいです。ですが、SEを使っていた方の多くが価格とかではなく、そのサイズ感にこだわっていた方が多い印象で、実物を並べて比較するとやはりiPhone12 miniかなっていう結論に達する方が多い気がします。

まとめ

midori
midori

iPhoneSE(初代)からの買い替えは、iPhone12miniになる方が多いようです。

サイズやデザインがminiの方が近い。触ってその違いを体感できる。

画面などが格段12miniの方が上。見比べるとすぐに体感できる。本体が小さいのに画面の表示領域が大きく見やすい。

そういった体感レベルでの違いと、丈夫になった点。能力が上がっている点。カメラなども違う点。

総合的にみてiPhone12miniに軍配が上がります。

SE(2nd)はやはりお手頃価格を求める層とタッチIDが残っている点が決め手になるようです。それぞれの機種にはそれぞれの機種なりの良さがありますので、ご自身の購入目的にあった製品をお選びください。

その後の海外の反応

midori
midori

日本では小さめのiPhoneの需要は結構ありますが、海外ではminiがあまり売れないようで、生産中止するのではないか?といった噂が出ています。

スマホの画面が大型化したものに慣れてしまったせいなのか、サイズが小さいにもかかわらず価格は結構することに不満があるのか、わかりませんが・・世界では売れていないようです。

日本では結構うれているiPhone12mini。海外では不評のようで、あまり売れていないようです。

もし、小さめのiPhoneがほしい!という方はお早めにお買い求めください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました