iOS14でiPhone11Proが急に電池の減りが早くなった?

iPhone
midori
midori

今回の記事は、10月2日に私自身が体験した「iPhone11Proのバッテリーが急激に減ってしまう現象」について考察しています。似たような体験をされた方は、解決法も載せていますので参考にしてください。

対策法

似たような現象に悩まれている方は、是非、iPhoneの再起動とウィジェットの見直しもしくは不要なウィジェットの削除をおすすめします。

※4月27日にiOS14.5がリリースされました。UPデート後にバッテリーの減りが異様に早くなった・・といった方はまだいらっしゃるようです。

何が起こったか

iOS14.0.1にUPデートしたら・・

AppleWatch6を予約した為、普段はiOS等の大幅アップデート時は1・2ヶ月様子をみる筆者ですが、今回は早々にiOS14にアップデートしました。

以前からBluetoothを利用するAppleWatch・AirPodsProなどのiPhone周辺機器を使っています。

iOS14を利用して特に気になる異常はありませんでした。

ですが、9月30日の晩にiOS14のマイナーアップデート版のiOS14.0.1をインストールしたところ、10月1日と2日にiPhone11Proの電池の減りが異常に早くなったのです。10月1日は公休だった為、午後からの外出だったのですが、電池がみるみる減っていき3・4時間後には充電しないとヤバいといった状況でした。家を出る時には電池が減っていたのかな?と思ってその時は気にしてなかったのですが。

2日の朝は本当におかしいと気がつきました。朝6時半に100%状態で充電器からiPhoneを取り外し、出勤までさほどiPhoneには触らずにいました。ですが2時間半後、家を出る頃には充電量が80%を切っており本体が熱くなっているのです。いつもとは違った異常さを感じ、とりあえず万が一に備えて急遽充電器を持って家を出ました。

30分ちょっとの通勤時間も途中iPhoneはずっとスリープ状態でかばんの中だったのですが、会社についた時には60%台。更衣室で着替えて売場に出た時には50%台と異常な減り方。その後も1・2分で1%電池が減っていく。あまりのスピードで怖くなり、iPhoneを充電器に挿し昼まで放置しました。

昼休憩までには、100%になっていましたが、やはり本体は普段ないほど熱く、バッテリーの減り方も異常。とりあえず、省電力モードに変更し、アプリも全て閉じ、様子を見ることに。(アプリを利用していないはずなのにバックグラウンドで動きつづけているアプリがいるのです。確認するとメモアプリ。とにかくおかしいので、夕方少し時間があいた時にメモアプリの設定を変更しなおしました。)

ネットで検索してみた・・

電池の減りが早い時は・・の記事はあるけど

2020年10月2日の時点ではネットにこのような症状に関する記事はありませんでした。その時みつけた類似記事には、省電力モードにしたら・・とか、Bluetoothをoffにする・・とか、バッテリーの最適化をoffにするとか・・が書いてありましたが、その対応とは違う・・と感じました。

BluetoothをoffにしたらAppleWatchもAirPodsも使えない!

とりあえず、家に帰るまで電池を持たせなくては・・という緊急事態なら、省電力モードとか位置情報offとかBluetoothを切るとかもありですが、これは根本解決にはなりません。「とりあえずバッテリーを持たせる」だけの対応です。それを続けたらiPhoneやApple製品の良さは無くなってしまいます。

OSのバグも考えられるので、もしOSが更新されたらすぐにUPデートすればいいのですが、OSは最新にしたばかりです。それに、10月2日の時点では、電池の減りが早い・・という話が周囲から聞こえないのです。

職場には何十人もiPhoneを使用している従業員がおり、そのうち10人前後がすでにiOS14にアップデートしていました。

midori
midori

5月3日現在でも、実はこの電池の減りが早いという現象、多発しているようでいまだにこの記事が一番アクセス数が多い記事となっています。そして、ネットにもこの現象に対する記事がめちゃくちゃ増えててびっくりしています。

新型iPhoneでも症状があるようです。でも全員が同じように症状がでているわけではないので、iOS14の何かが関係していると思いました。

最初10月2日の時点では、Watchが原因なのか?何かアプリか?と・・悩みました。

midori
midori

Watchアプリもバッテリー消耗が早いという症状があったらしく、そちらは早々にAppleからOSのバージョンアップが出て解決しました。

私のまわりではAppleWatch SEの人にそういう症状が少し見受けられました。

私の場合はなぜかメモアプリがバッテリーの80%を占めていて、そんな使い方していないのに、こいつが悪いのか?と思い、ウィジェットから消しましたが、この時点ではよくわかりませんでした。

iOS14になった時、なぜか自動でメモアプリがウィジェトとしてトップに貼りついていました。

12月には職場の同僚にも同じような症状の人が現れて、極端なバッテリーの減りはある種のウィジェットによって起こっているのでは・・という疑惑が大きくなってきました。

とりあえず再起動してみたら

10月2日の夕方、Appleコーナーの同僚に聞いてみたら。

同僚
同僚

電池消耗が早いとか本体が熱くなるとか・・っていうトラブルの時は、「とりあえずは再起動してみたら」意外とそれで解決すること多いよ!

midori
midori

そうだねー。そういえば、その発想が抜けてたわ。

ということで、再起動をかけてみました。

すると、バッテリーの減り方がなだらかになったではないですか。省電力モードよりも減り方が緩やか。

画面off状態でもバンバン電池が消耗されていたのが嘘のように、そして、本体の熱もおさまりました。

一体何だったのか?

iOS14.0.1にアップデートした昨日の朝に再起動はかかっていましたが、その後一度も電源を落としていなかったので、再起動のしなおし。

再起動とおなじタイミングで、メモアプリのウィジェットは消しバックグランド更新も使ってなさそうなアプリは全てoffにしていました。

10月2日の22時を過ぎた時点で確認したところ、メモアプリの電力消費の%もどんどん落ちていきました。

midori
midori

私の場合、これでこの現象は完全に解決しました。その後も症状は出ていません。

その後のアップデート後も症状はありません。

周りのユーザーに聞いても、AppleWatchのバッテリーの減りが異常に早いといったスタッフもいましたが、このスタッフはiPhoneとWatchの再起動で完全に解決しました。

異常があった場合、とりあえず再起動はした方がいいです。それだけでおさまる不具合も結構あります。

再起動しても変わらない場合

midori
midori

職場の中でも、iPhoneユーザーが多いのですが、再起動したけど状況があまり改善しない・・という同僚も一人だけいました。バックグランド更新のアプリやGPSを使うアプリは使っていないとのことでしたが、ウィジェットは色々使ってるとのことでした。

ウィジェットを見直すことを提案してみたところ、後日不要なウィジェットを削除したら症状は治ったとのことでした。iOS14のウィジェット機能面白いのですが、結構アプリによってはバッテリー消費が大きいようですね。

再起動でもなおらない時のチェック箇所を紹介します。

バックグランド更新をOFFにしてみる

バッテリーの項目の中で、アプリがどのくらいバッテリーを使っているかの項目がずらっと下に並んでいると思いますが、バックグランド更新などが本当はあまりいらない・・っていうものがあったらOFFにしてみてください。

ウィジェットが消費していないか

それでも変わらないって場合は、今回iOS14から追加されたウィジェットでどれかのアプリが邪魔してる場合もあります。重要でないアプリなら、ウィジェットからはずしてください。

不必要なWiFiにつながろうとしていないか

iPhoneはWiFiをONにしていると過去に繋げたことがある電波が近くにあるとその電波につながろうと探してしまいます。電波が弱くても繋がろうとして電力を消費してしまうのでWiFiをOFFにしましょう。

場合によってはWiFi設定を一度リセットして必要のあるWiFiだけ再設定してみましょう。不必要なWiFi検索を避ける方がいいかもしれません。

GPSアプリが動いていないか

GPS機能(位置情報サービス)を多用するようなアプリも起動してないでしょうか?これらを使っているときは当たり前のように電力消費が多いです。ナビなどを利用した際の電力消費が大きいのは普通の事と思ってください。

Bluetoothで繋がっている周辺機器は

Apple製品とBluetoothで繋がって利用している場合はあまり電力消費は気になりませんが、それ以外にBluetoothをフルに使っているような製品とつなげていないでしょうか?Bluetoothも電力消費の大きいものがあります。

Apple製品同士の場合、Bluetoothでお互い認識した後は、AirPlayなどで繋がってデータをやり取りしていることが多いので、あまり問題はありません。

メールのプッシュ通知

こちらもメールの数が多いと頻繁に利用しています。プッシュ通知がなくても困らないという方はOFFにしてみましょう。

手前に傾けてスリープ解除

こちらもiPhoneの持ち方によっては頻繁にスリープが解除されたりして電力を消費してしまいます。

AirDrop

AirDropは便利な機能で私もよく使いますが、使う時だけONにしています。普段はOFFにしています。AirDropは「すべての人」でONにしておくと、誰かがAirDropでファイルなどを送ろうとした時に、自分のiPhoneなどがその人のAirDropの相手先一覧に見えてしまいます。気になる方はこれも切っておきましょう。

midori
midori

OSのバグやインストール後の再起動がうまく出来ていないといった事が多いですが、バッテリーそのものの劣化が早くなったという深刻な方もいます。

AppleCare+に入っている場合、バッテリー性能が80%を切ると無料でバッテリー交換してもらえるので、一度チェックしてみてください。

AppleCare+に入っていない場合でも、購入後1年以内であれば80%を切るとメーカー保証で無料交換できます。(なかなか1年で80%を切ることはありませんが・・)

まとめ

iPhoneとかの動きが変と思ったり、電池の減りが異常に早かったり、ゲームアプリとかで駆使してるわけでもないのに本体が異常に熱かったりしたら・・、「とりあえず再起動」です。

Apple製品はほんとそうです。いや、パソコンとかタブレットとか情報家電系は大体そうです。

今まで何もトラブってなかったのに、突然動きが変、何か変・・と感じたら、「とりあえず再起動」です。そう言えば、過去にもそれで大概解決してました・・。

他のああでもないこうでもない小手先の解決法は全部置いておいて、

1.とりあえず再起動  

2.ウィジェットを疑え

です。どうも再起動はもちろんのこと今回のiOS14で加わった新機能のウィジェット。ウィジェットでどのアプリを使うかでも違っているようです。通信を頻繁に行うようなアプリをウィジェットに設定すると非常に電力を消費するみたいです。

それがアプリ上のバグなのかどうかはわかりませんが。

まずは「再起動」です。

同僚
同僚

とりあえず再起動してみたら?

ものすごく簡単な解決策ですみません。再起動と不要なウィジェットのみなおしをした後は、しばらく様子を見て、またバッテリーの状態などを見てください。私のように減り方が穏やかになったら、解決したということです。

midori
midori

iPhoneも一度再起動し直すことでリフレッシュ。再起動はプログラミングの再読み込みにもなるし、キャッシュやメモリーの解放にもなるし、おかしく感じたら「再起動」してください。

私の記事の後に

私が記事を書いた数日後にAppleからも公式見解が出ました。

バッテリーが異常に減る現象が起きていると。

これはApple Watchでも起こっていて、AppleWatchは10月13日にWatchOSのアップグレードで改善すると出ていました。

私の周りでも、バッテリーの消費がAppleWatch SEで異常に早い・・という同僚もいましたが、OSアップグレード前も大体みんな再起動で改善しました。今後はOSなども不具合が解消されていくと思われるので、よりバッテリー消費は抑えられると思われます。

midori
midori

実際に、AppleWatchもiPhoneも徐々にバッテリーの減りが安定してきました。持ちが良くなってきてます。iPhoneのiOS14が次で更にバージョンアップすれば、完全に落ち着くのかな?と予測してます。

Appleなどでも、複数の不具合が出る場合はiPhoneをリセットしてもう一度設定しなおして・・といったことまで対処法で発表していましたが、そこまでとなると結構時間も手間も取られると思うので、まずは全てのデバイスの再起動をお勧めします。それでも、異常な減り方、異常な動きをする場合はAppleの公式な対処方法にチャレンジされたらいいと思います。

iOS14.5がリリースされましたが、バッテリー問題は解決されず

新しいiOS14.5が4月27日にリリースされていますが、バッテリーが急激に減るというトラブルは起こってる人がいらっしゃるようです。一度症状が治まった方は再発していないのではないかと思いますが、再起動や他の状況をチェックしても改善しないという方は、バックアップを取った後、初期化して再度入れ直す必要があるかもしれません。

面倒ではあるのですが、どうしても改善しない場合はしてみてください。

iOSがアップグレードした直後にこちらの記事への流入が一気に増えて、その後落ち着いていく・・を繰り返しています。

iOSの不具合を恐れて様子見ぎみだった方が、そろそろアップデートしようか・・とそのタイミングでされる方が増えるからだと思われました。

アップデート直後は何かと不安定になりやすいものです。再起動をかけた上で様子を見てください。ほとんどの方が治ってしまうようです。

iPhone12シリーズでバッテリーの減りが早い・・という人も

こちらもアップデートに伴う再起動などをすると落ち着く方が多いと思われます。

iOS14を入れてる人の一部で出ている症状です。本体が原因という感じでもないので、やはりOSかアプリのなんらかの不具合が原因と思われます。一通り試したが解決しない場合は、最終手段としてはリセットしてからアップデートと復元になるかと思います。

不安な方は、Appleに相談してみてください。(AppleCare+などの加入状況によっては有料サポートになる方もいらっしゃるかもしれません。iPhoneを購入したばかりの人は、90日の無料サポートもついていますので、AppleCare+に入っていない方でも大丈夫です)

番外編:こんな理由でバッテリーが減ってた例

midori
midori

番外編で、新しいiPhoneに替えたら、バッテリーの減りが早くなってるというお客様がいらっしゃいました。

ちょっと見せてもらったところ、何故か、待機画面でのバッテリー消費が大きくなっていて??バッテリーも劣化していません・・

お客様
お客様

前の機種の時は、こんなに夕方とかに電池が減ったりしてなかったんですよね?

midori
midori

お客様・・

これ、使ってない時も画面つきっぱなしじゃないですか?自動ロック設定がoffでずっと画面がつきっぱなしになっていますが・・。

お客様
お客様

え?これ、スマホケースのカバーを閉めたら消えないの?

midori
midori

はい・・・。これ、閉じたら消えるタイプのケースではないです・・。

お客様
お客様

あら〜。そっかー。

midori
midori

使用してない時の自動ロックここでかけれますから、これでバッテリー消費減ると思いますよ・・。

サポートとかしてないんですが、話ついでに・・こちらのお客様もバッテリーが減ってしまってるのかな?と思って見せてもらったところ・・最後は今回のバッテリー問題とは全く関係なかったというお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました